Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2008年02月

帰ってきた金さんヤマガタ


フロリダから帰ってきた金さんとヤマガタ。

何百枚と撮ってきた写真整理におわれています。

昨年、手にフックを刺すという失態をした金さん。

今年も何かをやらかしたそうです(笑)

金さん
1ドル札をあおぐ金さん。なぜ??( ´_ゝ`)


そして、すっかり日焼けしたヤマガタ。

ヤマガタ
お土産がないということで、2,3発殴っておきました……。


フロリダでどんな珍道中が起こったか……。

次号をお楽しみに!


(コバケン)

フカシンガッツ!


FLWツアー第1戦の初日

フカシンは16Lb5ozをウエインして8位と好発進!

場所はフロリダのレイク・トホ。

コールドフロントの影響でかなりタフな状況のようですが、

さすがフカシンです!

週末の順位変動が気になりますな。

気になるヒトはココをチェック!


ガンバレ!フカシン!!!

このようすは次号のフカシンガッツで紹介します!




さて、ボクは週末から並木敏成さんの取材で九州に飛びます飛びます!

久々の九州取材、楽しみです。

うまいトンコツラーメン食いてぇ〜!




(コバケン)



ログがあれば何でも釣れた!?

まずはフロリダでヒロ内藤さんにお借りしたタックルのご紹介。

horibe_001

ロッド:ヒロイズムA.I.R.ベクター
リール:リベルトピクシー
ライン:シルバースレッドS.I.R.20Lb + ショックリーダー50Lb(約1m)

「ベクター」は、5ft5inのジャークベイト用ロッド。
僕が普段使っているロッドは最短でも6ftなのですが、ジャーキングにはやっぱりこれくらい短いものが使いやすいと再確認しました。それに、キャストがピンに決まります。

メインラインは20Lb。伸度が高いナイロンも、これくらい径が大きいと初期の伸びはかなり抑えられ、ロッドワークにルアーが機敏に反応します。「シルバースレッドS.I.R.」は高い性能を長期間持続してくれ、金澤さんは昨春のフロリダ取材時に巻いたラインをそのまま使っていたほどです(この1年間、日本でもけっこう使ってたみたいです。いくらなんでも長いこと酷使しすぎのような気が……)。

そして、ショックリーダー。これの効果がスゴかったです。これまでバス釣りでは使う機会がありませんでしたけれど、根ズレに対する強さがハンパない! たとえザラザラの状態になっても、そこから粘る強度には凄まじいものがありました。ルアーをすっぽりくわえてしまうようなサイズのデカバスねらいに、今後もぜひ使いたいと思わせられた逸品。バスの歯に擦れたくらいでは、まず切れることはないでしょう。

そして、個人的にもっとも活躍してくれたルアーが写真の「ライトリンログ」でした。

ネタばれするので詳しくは書けませんけれど、

フロリダバスはもちろん

80cmのあんな魚から

ギンガメアジっぽいこんな魚

見た目はイワシだけど超攻撃的なそんな魚まで

ログがあれば何でも釣れる! という状態。

そういえば、昨夏の北浦でいい釣りをさせてくれたのもこのルアーでした。改めてログLOVEです。

かなり断片的かつ小出しですが

フロリダ取材ネタでした。

(ヤマガタ)

じんましん地獄

 あーっ! かゆい!!

朝出社してから、ひざとふくろはぎのかゆみが止まりません。

じんましん?

ダニ?

「おまえが朝食べてたバナナが農薬で汚染されてたんだよ」

「そのズボンにダニが住んでんじゃない?」

と編集長&ヤマガタ先輩。

どちらも妙に説得力があってイヤだ(泣)。

原因が気になって、

仕事になりません。

それにしても、

最近ロクなことがないです。

トホホ……。

(ササキ)

フロリダの思い出。

昨日の夕方、ライターの金さんとヤマガタが、

約10日間に渡るフロリダ取材から帰ってきた。

ヒロ内藤さんとフロリダを満喫してきたようです。

開口一番、「はぁ、帰ってきちゃった……」とヤマガタ。

その気持ち、わかる。

だって昨年、ヒロさんを訪ねた取材、すごく楽しかったから。


あぁ……、フロリダの青い空、

透明度99%のスワニー川で釣ったスワニーバス……。

なぁ〜んて思っていたら出てきました、

カオス状態のボクの机の中からコイツが。


思い出スピナーベイト
エクスキャリバーのスピナーベイトです。


生まれて初めてスワニーバスを釣った思い出のスピナーベイトです。

シングルコロラドでリーリングすると

「グリングリン!」と凄まじいバイブレーションを発生します。

ハッキリ言うと日本製に比べて仕上げは雑です。

でも、釣れる要素はギッチリ詰め込まれています。

ルアーの性能は見た目ではわかりません。

「この時期はコロラドブレードのスピナーベイトがいいから、コレを使ってみて」

とヒロさんから渡されたとき、

正直言って、最初は「こんなスピナーベイトで釣れるのか?」

と半信半疑でした。


夜用??
ナイトタイム・スピナーベイトって書いてあるし……。

でも、釣ったスワニーバスはすべてコレでした。




今回の釣行で、二人に思い出となるルアーができたのだろうか……。

ま、ボクはそんなことより、ちゃんとお土産を買ってきたのかが気になりますが。


今年のフロリダ釣行の模様は次号で紹介しますのでお楽しみに。


(コバケン)

本日、快晴。

 
 先週末は春一番、昨晩は雨で、

どちらも予定していた釣行がパーになりました。

「こんな天気だし……」とへこたれ、

麻雀したり温泉に行ったりして楽しんだので、

それはそれでいいのですが……。

いい天気


 















 今日出社すると、嫌味のようにいい天気。

キーッ!! くやしー!

青空は大好きですが、入社してからというもの、

天気がよくて逆に凹むことが増えました。

休日出勤のときなんか最悪です。

昔、ヤマガタ先輩が、

「今日も釣れそうな1日だったな」

と会社の窓から神保町の夕焼け空を見上げて呟いていましたが、

今日の僕も同じ心境です。

(ササキ)



関和学さん、動画アップしました!



2/21のブログにも書きましたが、

今日発売のバサー4月号の特集は「3月はこう釣れ!」、あらため

「釣りたい気持ちは、春本番。」です。



関和学さんにはカスミ水系のオカッパリ取材をお願いしましたが

(詳しくは今号の“3月のカスミ水系オカッパリはシャロー攻略で切り抜けろ!”を読んでください!!)、

釣行模様を収めた動画をアップしましたー!


動画はコチラ



まだ春とは名ばかりの時期にシャッドを引き倒した関和さんは、

計3尾をキャッチ!

47cmのビッグワンのファイトシーンも映ってますので、

ぜひ見てみてくださいね(・∀・)つ


関和学47cm



たまたま他誌の取材で同エリアを訪れていた並木敏成さんの姿も収録されてますよ。


結構レアかも。。




Basser誌面連動企画ページもあわせてどうぞ!




(コバケン)

これはどうでしょ……



またまた発見!!!

ボクの机の中はまさにカオス状態!!!



これは!!!
これ、なんだかわかりますか??








昨年、ヒロ内藤さんを訪ねてフロリダへ行った際、

ロンさんが経営するタックルショップで購入したもの。

コレクターの方ならご存知ですよね。

そう! クリークチャブのインジャードミノーです!

しかも、購入価格はたったの5ドル!!!



インジャードミノー!
年代は不明ですが、もうこれには即バイトしました(・∀・)

すげぇカッコイイ!!!!


しかしボロボロ
ボロボロだけど、かえって味が出てていいでしょ?


アイなし
惜しいのは、片方のグラスアイがないこと……。



もちろん、使うワケもなく、部屋に飾ろうと思っていました。

一緒に行った金さんに「読者プレゼントにだせ!」

と言われましたが、すみませんが、これはイヤです。かなりのお気に入りです。



しかし、今はなぜかボクの会社の机の中に埋もれて……。

ごめんよ、インジャードミノー!


今日、持ってかえって家に飾ります。




さて、まだまだイロイロありそうだけど、

それは次の機会にします!

いらないモノが出てきたら、プレゼントしますよ!


って、いらないものをプレゼントにするなよ!!!

なんて言うツッコミが聞こえてきそう……。


まぁ、ブログならでは、ということでお許しくださいませ。


(コバケン)


今度こそ!!!

昨日の続きです。

ロングAはガッカリな状態だったんですが、

次は期待できる!!!

モデルA!
ジャーーーーン!!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ヒートンモデルのモデルAでございます!

これもロングA同様、

探しているプロが多数いるのは

有名なハナシ。


もちろん、何がいいのかはボクのレベルじゃわかりません。

でも、やっぱりイイと聞けば欲しくなるってもんです。

そんな理由で買ったのですが……。


買ったことで満足して、そのままお蔵入り……。


ロングAはダメだったけど、コイツは絶対使ってやる!

……とマジマジとルアーを眺めていると

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
またかっ!
ヒートン、曲がっとるやないけ!!!!!!(゚Д゚)ゴルァ!!

ちょっとわかりにくいかと思いますが、

アイの輪が斜め下に向いちゃってます。


ムリに戻そうとしたらピキピキッっというイヤな音が……。

よくこれで販売したな……。

今じゃ考えられませんよ。

しかも……












トホホ……
しかもフロントのアイは接着剤で半分ほど穴が埋まっていて、

スプリットリングが動かないアリサマ(´−д−;`)


ということで、このモデルAもそのまま机の中へ……。





でもね、笑って許せちゃうのがオールドのアメリカンルアーのスゴイとこ。


なんか、まだまだ出てきそうなボクの机の中……。

また何か出てきたら報告します。


(コバケン)










整理整頓するとイイコトあるかも!?



今月号も無事に発売になり、ひと安心。

少し時間ができたので、

ヒサビサに机の中を整理することにしました。

グチャグチャな机の中は、

手をつけるのも怖くなるほどε=ε=(;´Д`)

勇気を振り絞って整理しはじめると……
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
旧ロングA
お宝ハッケーーーーン!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

数年前にアメリカで購入した旧ロングAが出てきました!

何号か前にヒロ内藤さんやコジコジこと小島宏さんが紹介した

ヒートンモデルです!!!


ヒートン!
これが旧モデルの証!

この旧モデルはアメリカのプロがウェイクベイトとして

シークレットで使っているらしい。

どうやらヒートン時代のものと現在のモデルとは

微妙に型や素材が違うらしいのです(詳しくは……なぞです)。


シークレット…………なんていい響き!


こりゃ絶対に使わなくちゃいかんでしょ!!


と、嬉々としてルアーを眺めていると…………


ああああああ!!!!!











なんと!



わ、割れてるじゃん(TДT)



ガックリ…………。


さ、片付けの続きしよぉ…………。


(コバケン)
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ