Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2008年04月

コボレネタ3


はい、コボレネタも最終回。


ダラスの夜編です。


ショッピングモールで買い物を楽しんだあと、

レンタカーでモーテル探しです。

実はモーテルの予約を取っていなかったのです。


「オレを誰だと思ってんだよ。アメリカ参戦していたときは、

いつもこんな感じだったからヘーキだよ」と並木さん。


しかし、運悪く、この日はダラス周辺で

ナスカー(アメリカで人気のカーレース)と

モトクロスのレースが開催されているらしく、どこも予約でいっぱい!!!

こりゃヤバイと何軒かアタックし、なんとか予約を取ることができました。

しかし部屋は……ワンベットルーム。

まぁ贅沢を言ってはいけないですね。

この夜、ワタシは同行したヒシ兄とベッドを共にしました……。

キャッ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


ジョーダンです。


キングサイズだったのでゆったり寝れました。




さてさて、無事にモーテルに入り、すぐにダラス郊外にある

日本食屋「Teppo」へ向けて出発しました。


しかし、レンタカー屋にもらった地図の縮尺があまりにも大きく、

なんと道に迷ってしまいました……。




001

予約の時間に間に合うのか!!!!





002

予約の19時から遅れること15分、無事に到着!

この時間帯のストリートは、まだ静かでした。






んでもって、前にも書きましたが、ウッチーとマサさんの日本食を堪能したボクら。

外へ出てみると……



004

どこから湧いて出てきたのか、若者だらけでした!


この一帯は若者向けのバーが多いんだとか。



街中はヒップホップ系の音楽が鳴り響き、

ホロ酔いの若者に写真を撮ってくれとせがまれ……




003

誰だよ、キミタチは……

しかも、キミタチのクルマじゃないだろ(笑)

ま、並木さんもここで写真を撮りましたけどね!




ちなみに、帰り道も道に迷い、モーテルに戻るのに数時間かかりました。

いや、実はワタシ、酔っ払って寝ちゃってしまい、覚えてないんですよ。


こんな感じで取材最終日の夜は更けていきました。


またいきたいなーー!!!!


おしまい。


(コバケン)

コボレネタその2


はい、前回の続きです。


バスプロショップスで買い物をしたボクたちは、

そのお隣(といってもとても歩いて移動できる距離ではないですが)にある

ショッピングモールへ行きました。

ここはアウトレットのお店が多く、超格安!

絶対にオススメです!!!!!

ちなみに、並木さん、ここでもかなり買い物をしてました (・∀・)


このショッピングモール、前にも書きましたがとにかくデカイ!!!

そんなもんだから、店内にはありとあらゆるものがありました。


まず目にとまったのが、ピエロの格好をした女の子。

とってもキュートな女の子でしたよ!

001c



さらに奥へ進むと……

 ↓
 ↓
 ↓

002c

ロッククライミング用の柱がドドーーンっと。

たしか、1ドル払ってチャレンジし、

昇りきると5ドルもらえるっていうシステムだったと思います。






さらにさらに……。




003c




なぜか屋内に巨大なメリーゴーランドが!!!!

もう、なんでもアリです (゚∀゚)アヒャヒャ









004c



……逆バンジー系もありました。













005c

極めつけはコレ!!!


スケボーやBMX用のスペースがドドーーーーーン!!!!








はい、これら、すべて店内のアトラクションです。

これだけでもモールの大きさが想像できると思います。


これなら家族で行っても楽しめるでしょう!

お父さんはバスプロショップスへ

お母さんと子どもはショッピングモールへ

ってな感じで。


何度も書きますが、オススメです!


次回はダラスの夜編です。



(コバケン)

コボレネタその1

現在、今月末号の校了がひと段落。

いや、まだ終わってないですけどね。

そういえば、昨晩の釣りビジョンの「五畳半の狼」観ました?

本誌に寄稿していただいているアマケンこと雨貝健太郎さんが

ゲスト出演したんですよ。

えっと、ワタシは観れなかったんですけど、

アメリカバス事情を話すって電話で言っていたので、

内容はそれだったと思います。






さて、いまは5月末号の準備に取り掛かっています。

そんでもって、PCに入っている今月号の写真を整理していたら、

並木さんのアメリカ取材時の未使用写真があったので、

このままお蔵入りさせるのはもったいないのでココで紹介します。

ま、たいした写真じゃないですけど、ヒマ潰しにどうぞ。




まずはダラス・バスプロショップ編




001b

これは入り口の天井にある照明です。

シカをモチーフにしているようです。





アメリカはハンティングも盛んなので、

↓ こんなのも展示してあります。

003b

う〜ん、つぶらな瞳ですな。






もちろん、バスの剥製もありますよ!

 ↓

002b





 ↓ 意気揚々とショップに入る並木さん。

004b

実は並木さん、バスプロショップスで500ドルくらい買い物をしてました(笑)





バスプロショップスはバスやハンティング用品だけでなく、

フライフィッシングタックルやキャンプ用品も充実してます。

 ↓

005b

タイイング講座をしてました。でも、フライのコーナーは小さく、

人気はイマイチの印象を受けました。土地柄なんでしょうか。

006b

天井にはでっかいフライがぶら下がっていました。

とにかく、アメリカ人はなんでも大きくしちゃいます。




次回はこのあとに行ったショッピングモールをちょびっと紹介しますね!


(コバケン)

シュリンプ(プロトタイプ?/ゲーリーヤマモト)

シュリンプ(プロトタイプ?/ゲーリーヤマモト)のネコリグ。


gary
腕がストレートで太め。


少し前にご紹介したように、JB TOP50旧吉野川戦で

河辺裕和さんがメインに使っていたルアーのひとつです。

そういえば河辺さん、けっこう前からクロウワームをネコリグで使ってました。

連載「まったりカンツリ小僧」で、一度、河辺塾長の技として紹介してます。



そしてこの「シュリンプ」も、初めて見せてもらったのは

たしか昨年のフィッシングショーだったはず。

そのときはすでにこれに近い(同じ?)形になっていたので、

かな〜〜〜〜〜り長い間、テストが繰り返されているルアーなのです。



発売がいつなのか訊いてみたところ

「も〜〜〜うちょっと、オレが釣ってからにしたいな〜」

とのこと。

それは「まだテストが足りてない」という意味なのか

「ひとりだけいい思いをしたい」ということなのか……。


河辺さんには早く「もうちょっと」だけ釣ってもらって

発売してもらいたいものです。(ヤマガタ)

THE MISSION動画アップしました!!!!


お知らせ!!!


先ほど、いい釣り動画に

THE MISSIONの黒部川編前編をアップしました!!

チェックしてくださいね!!!


後編は後日アップしまーす!


いい釣り動画は こちら


(コバケン)

まだまだあった!



以前、ブログで僕の机の中はカオス状態だと書きましたが、

またまた出てきました。







お宝!
ジャ〜〜〜ン!!!!

世界のTOこと、大森貴洋さんプロデュースのT.O.Jigs兇任后

大森さんがクラシックで優勝したときのウイニングベイトのひとつ!

カバーを撃つための大森さんのノウハウが詰め込まれたジグです。

たぶん、もう作っていないはずですから、店頭で見つけたら即バイトをオススメします!

あ、あとこのカードは、

ボクが2003年のバスマスタークラシックに

取材へ行ったとき、大森さんにいただいたもの。

もちろん、サイン入り!

この翌年に大森さんクラシックで優勝したんだよなぁ〜。




ゴソゴソゴソ……。

むむむ、ラリー・ニクソンのカードも出てきた……。

なんかまだまだ出てきそうなので今日はこのへんで。



あ、そういえば、机の中からでてきたものをプレゼントするって

前に書いたっけ……。


今度ブログでまとめてプレゼントしますね!

(コバケン)



クラシックの結果は……。


小森嗣彦さんの優勝でした。

で、踏み止まって2位に相羽純一さん。



河口湖はまだ桜が咲いてませんでした。

水温は10℃と低めで、バスも本調子じゃない感じ。

昨年の12kg(/7尾)男、山木一人さんがネイティブねらいで意地を見せましたが、

その他のネイティブ組は軒並み低調に終わり、

放流(養殖)バスをねらった選手たちが上位を占める結果になりました。


けれど、


「ペレットで育ったバスなんて、上から落ちてくるもんなら何でも食うんじゃないの?」

というのは、ハイ、間違いで、たしかにネイティブにはない習性も見られるものの、

釣るのはフツーに難しく、ときに簡単で、要は養殖モノもただのバス。

気圧の変化を感じて浮き沈み、光量に応じてシェードに出入り。

放流されて2週間くらいなので、

放流スポットの近辺に固まってはいますが、ちゃんと魚、してるのです。

(ヤマガタ)

バファリン。

昨日から河口湖で開催されているジャパンスーパーバスクラシック。

最終日の模様を取材しに、これから会社を出発します。

なぜ、家からではなく、会社からなのか。

それは原稿が終わらないから帰れないだけのこと。

ちなみに弊社、シャワールームもあれば、畳敷きの仮眠室もある、

お泊まり前提仕様となっております。

これで洗濯機があれば……。

なんて考えてしまう我が身の哀れを嘆く、

なんてこともなく仕事ができてしまうのは、

周りにもっと悲惨な人たちがいるから。



たとえばさっき、22時ころに相羽純一さんから電話がありました。

相羽さんといえばクラシックの初日を終えて暫定2位です。



相羽さん(以下、A):もしも〜し、相羽で〜す。

僕(ヤマガタ。以下、Y):ども、お疲れさまです。
             クラシック3勝目に手が届きそうじゃないですか。

A:そうなんだよね〜、かなりヤバいよ。

Y:ヤバいって、ハマってるパターンがある、ってことですか?

A:あ〜、●●●●●を使い始めたらすぐに●●●●●でね、いやもうラッキーで
  ビックリ。で、▲▲▲▲▲(中略)なのよ。

Y:ヤバいくらいツいてた、ってことですか?

A:いや、違うくて、ヤバいのは僕の体調。
  明日会場に来るとき、バファリン買ってきてくれません? 頭、超痛いの。
  昨日からキてたんだけど、今朝起きたら最悪。
  ホテルで■■して船の上でも■■しそうになったくらい。

Y:えっ!? もう会社の近くの薬局も閉ってますよ。

A:そ〜だよね〜。どうしよ。試合中にこんなことになったのひさしぶり。限界っぽい。

Y:けど暫定2位ですよ? 明日はどうにか踏ん張んないと。

A:鬼。

Y:はいはい。せっかくツいてるんですから。

A:ツいてませんよ。
  けど実はね、今回は●●●●●で釣ってるの。
  ラッキーだったんだけど●●●●●を使い始めたらすぐに●●●●●でね、もうビックリ。

Y:それ、さっき聞きましたよ?

A:え〜? 言ってないよ。

Y:▲▲▲▲▲(中略)なんでしょ?

A:え!? な、なんで知ってんの!?

Y:だ〜か〜ら〜、さっき聞いたんですってば。

A:誰から?

Y:相羽さんから。

A:言ったっけ〜?

Y:言いました。……ホントにヤバいみたいですね。
  熱でボ〜っとしてるんじゃありませんか?

A:言ったっけ……(ぶつぶつ)。

Y:もう寝てください。

A:はい。

Y:じゃあ、おやすみなさい。寝ることしかできないでしょうけど、とにかくお大事に。
  あと、試合が終わったらすぐに「アイバムシ♂といっしょ」の原稿送ってくださいね。

A:鬼〜。



以上、ノンフィクション。

表彰式で相羽さんが同じことを2回言ったら、こういうことなんです。



取材する僕らは選手全員に公平に接さないといけないわけですが、

バファリンは、どうにかなれば、してあげたいと思います(有料で)。

もし、これを読んでるほかの選手がいましたら、どうぞお手柔らかに。

どうにもなりそうにないことや

「ポカリ買ってこい!」といったパシリ的注文は受けませんので。

(ヤマガタ)

本日、雨ナリ!


関東は今日1日、ずっと冷たい雨が振り続けました。

今日、釣りに出かけたヒトは少ないんじゃないでしょうか?

しかしっ! 本日カスミ水系でかなぁりオイシイ思いをしたアングラーがいます!





その名は川村光大郎クン!

会社で原稿をパチパチ打ちながら釣果を心配していたのですが、

取材を終えたヤマガタから

「た、た、大変でがんす!!! こんなに興奮した取材は久々でがんす!!!」

との一報が入りました!

なんと釣果はこんな悪天候のなか二桁をマーク!!!!!


しかも、かなりいいバスも釣れたそうです!

さすがコータロークン!!

やりますのぅ!



詳細は今月末発売号のバサーに掲載します!

お楽しみに!!!!!


(コバケン)

Toshi in USA その3



バスプロショップスを出ると、

隣接するショッピングモールへ。

僕らの買い物魂は止らない!


toshi-08

超巨大のショッピングモール!!!!

たぶん、東京ドーム4つ分はあるんじゃないでしょうか!!

アバクロなど、日本ではなかなか手に入らないブランドもモリモリありましたよ!

しかも、とにかく安い!!!

ダラスへ行った際にはバスプロショップ→ショッピングモールのコースは

かなりオススメですよ!





そして買い物を終えた僕らはダラスの中心部へ

toshi-09


いやぁ〜、都会ですな!


そして、この日のメインイベント!!!

そう! 日本食が振舞われるレストラン、teppoへ!

toshi-10

どうです? 思わずココがアメリカってことを忘れてしまいます!



実は、このお店に働く、ウッチーこと内山幸也さんは、

並木さんがFLWに参戦していたときからの知り合い。

ウッチーも仕事の合間をぬってトーナメントに参戦中!


がんばれ、ウッチー!!!!

そしておいしいお寿司、ごちそうさまでした!!!!



toshi-11

左がウッチー、右が店長のマサさん。

ちなみにマサさんも大の釣り好きなんだそう!

ダラスへ行った際にはこのお店もオススメですよ!!

teppo(てっぽう)のカッコイイホームページは こちら



お店を出たご機嫌の並木さんは、

停まっていたスポーツカー(奥はたぶんフェラーリ)を見るなり、

「俺に似合うだろ!」とポーズを取るので、しょうがないのでパチリ.。゚+.(・∀・)゚+.゚



toshi-12

この後、知らないガイジンさんに

「オレたちも写真を撮ってくれ!」とせがまれました(笑)


こんな感じで全日程を無事終了!


今回、取材でお世話になったすべての人に感謝です!!!!


おしまい。


(コバケン)
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ