Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2008年05月

怖いヒトがきた(笑)



穏やかな昼下がりに事件は起こった……


昼食を終え、まったりしている編集部の空気が一転












沖田さん1

きたぁぁぁぁぁぁああああ!!!!!!


はい、TBCやJBCCで活躍中の沖田護さんが遊びに来たのです!


な、なんか怒られるようなことしたっけ?? (((( ;゚д゚)))


「ちょっと近くまで来たから遊びに来た!」


そ、そうですか ε=ε=(;´Д`)


「あ、ヤマガタ君、いる? ちょっと言いたいことがあんだけど!」


は、はいぃぃ、いますいます!!




そして……









沖田さん2

「最近、全然連絡してくれないじゃん! ひょっとしてオレのこと、避けてる?」



ひぃぃぃぃ、そんなことありません!!!!  (ノ◇≦。) ビェーン!!


一通り暴れて帰っていかれました……。





半分はフィクションです。


本当はとってもいいヒトです…………たぶん(笑)


沖田さん、また遊びにきてくださいね!!!



(コバケン)

新車発表会



さきほどHONDAの新車発表会に行ってきました。

都内の超一流ホテルで行なわれたんですが、

やっぱスゴイですねぇ。超豪華でした。

んで、発表されたのが、FREED


フリード1





1.5リッターのコンパクトなサイズなんですが、

なんと8人乗りがラインナップされていました。

座席シート数のバリエーションが豊富で、

5人乗り、7人乗りもラインナップされています。

用途に合わせて選べるのが嬉しいです。



バス釣りには後部座席がセパレート式になっている7人乗り仕様がオススメかな。

2列目のシートが1列目と同じように独立しているので、

3列目のシートを折りたためば、

7フィート以上のワンピースロッドを

ちょうど通路になる車内中央部の床に置けちゃうんです。

これって意外と便利なんですよねぇ〜。



上から
7人乗りのレイアウト。真ん中の通路に置けるんですよ。



フリード2

フロントのパネル類もイケてます!


明日からテレビCMがバンバン流れるそうです。

(コバケン)

キャリル営業20周年記念エコバッグとワンナップ・魂

沢村幸弘さんと高橋晃さんは、今シーズン、公式トーナメントでウェインしたバスに応じて植林活動と環境保全への寄付活動をしています。
 この活動に共感された方が製作したのがこのエコバッグ。購入代金の500円はそのまま寄付金としてNGOへ送られます。

karil
キャリルロゴと営業20周年記念の文字が染め抜かれ、綿100%、無漂白生成の生地を使用。ECOバックは環境にやさしい製品なので、エコマーク認定番号「第03104136号」に指定されています。僕も500円寄付して1枚いただいてきました。小さく折り畳んでジーンズの尻ポケットに突っ込んでおこうと思います。昼飯ついでに釣具店や本屋へ行ったときに重宝しそうです。

2台のリールは撮影用に沢村さんからお借りしてきたもので、ピクシーにはキャリル・ハイレブチューンが施されています。スピニングリールは’01ステラ。ともにライトライン対応機として愛用されているリールです。

取材の内容は、ライトラインのメリットと、それを使ううえで注意すべきことなどについてです。ドラグの設定、スピニングとベイトそれぞれでライトラインを使用したときのファイト方法の違いなど、マニアックな内容です。

tamashii03
沢村さんのブログをご覧になっている方はかなり気になっているはずの新製品、「ワンナップ・魂」も見せていただきました。が、「発売まで記憶を消しておいてね」とのことですので……、ハイ、忘れました(笑)。7月初旬の発売を予定しているそうです。

ルアーのジャンルだけでも……、いや、アレがこうで……、書きてぇ〜〜〜っス!! (ヤマガタ)

ちょっと早い心霊ネタ(ご本人も笑ってくれましたので)。


元祖・心霊アングラーキャラ(?)の相羽純一さんですが……。

野尻湖V5やつい先日の七色ダム戦優勝、多数のタイトル獲得など、
最近では強すぎてお茶目な一面が見えにくくなっていますよね。

けど、それは取り上げるメディアの責任もあるわけで、
べつに相羽さんの性格が変わったわけではないのです。

ということで、夏にはちょっと早いですが、
夏日・真夏日も観測されましたので心霊ネタです(ユーモアにしてもブラックにすぎると思ったのですが、ご本人も笑ってくれましたので)。

aiba win2

く、くだらなさすぎます。(ヤマガタ)

昨日の並木さん

2cace86f.jpg取材終了後です
って、本さかさまだし(苦笑)
(コバケン)

続・奥村和正さんの引力。

発売直後なので、ネタバレに配慮しつつ書きます。
今月号掲載用の取材で、奥村和正さんは4尾のバスを手にしました。
そしてその翌日に別冊用の取材を行ない、奥村さんは2尾のバスを手にしました。

これら2日間で計6尾の釣果には、5inデスアダーホッグのテキサスリグに食ってきてしまった(そしてフックアップしてしまった)25cmも含まれるのですが、それでも、アベレージサイズはなんと
49cm! (くどいようですが、まったく想定外の小バスを含みます)
o_001


で、ちなみに25cmを除く5尾のアベレージとなると
54cm!! (あり得ない……)

……、いかにロケ地が琵琶湖とはいえ、恐ろしい人です。奥村和正さん。

そういう釣りをしているからこそ、こういう釣果になるのでしょうが、
奥村さん自身にもデカバスを引き寄せる力があることを強く感じました。

そういうわけで、取材中に「奥村和正の引力」というタイトルがすんなり浮かんだのでした。(ヤマガタ)

OSPな面々

84de5699.jpgいまOSPにきてます。
美味しそうですな

Basser7月号(5月26日発売)、お詫びと訂正。

 2008年Basser7月号(5月26日発売)の62ページに掲載されている

Basser BEST BUYに

誤りがございました。


ウォーカーウォーカーの問合せ先が

03-6274-3059

となっておりますが、

正しくは以下です。

正 03-6272-3059

お詫びし訂正いたします。



本来の姿。


間もなく発売の次号(No.199/7月号)には、

こんな特徴的なルアーたちを駆使して、
8

こんなバスを釣ってしまう人が登場します。ちなみにこの魚は50cmアップ。
9

お題は、「1日取材でのロクマル超え」です。

このテーマに沿って、あのデカバスハンターがどういった釣りを展開するのか。

そして1日でロクマルを手にすることはできたのか。

もうしばしお待ちくださいませ。(ヤマガタ)

テストです。

ブログが変なので
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ