Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2008年12月

想定内のトラブル発生。

ブログ書きだめもいよいよ大晦日の分となりました。

ンがッ!

たった今、某プロから電話が。



「今日、フィールドに出たんだけど、明日も絶対に無理ッ!」



風がむちゃくちゃに強いらしく、「ルアーを投げられない」のだそうです。

全国的に大荒れですからねぇ。予報では明日(27日)のほうが風が強そう。

おっしゃるとおり、こりゃ無理です。

ロケ日を27日から29日にズラしました。



と、いうことは……、買ってしまった夜行バスチケットの往路分はムダに?

もしかして、その後もなんやらかんやらあって、

ひょっとしてワタクシ、31日現在、帰省できてなかったりしないでしょうね!?

まさか、ね……。(ヤマガタ)

ゴロゴロしてます。

12月26日にブログを書きだめして投稿予約したのです。

12月27・28・29・30・31日

1月1日

計6日分、書きだめしました。



なので、ここに書いたとおりにならないどころか、

今ごろ僕が死んでる可能性もなきにしもあらず。

ま、高確率で実家でゴロゴロしてると思いますけど。



それにしても、夜行バスの寝心地は最悪でした。

おかげで帰省1日目はゴロゴロしっぱなし。

夜行バスに「1日お徳効果」はありませんでした。



というような感じで、きっとゴロゴロして終わった1日になったことでしょう。(ヤマガタ)

夜行バスで帰省してみることにしました。

それはなぜかと言いますと



まず、安い。

東京-山形間往復で1万1500円です。

新幹線の片道分で済みます。



そして、1日お徳な気がする。

日中に新幹線で帰ろうとすると、昼に家を出て山形に着くのは5時過ぎ。

ハイ、移動だけで1日がお終いです。MOTTAINAI !

けど、夜行バスなら、都内を発つのが夜10時で、山形着は翌早朝。

新幹線に比べて移動時間は倍掛かりますけど、

それってどうせ寝てるだけの時間帯です。

移動で終わるはずだった1日でラスバスを釣りに行くこともできますよ〜。



という実利とお徳感と妄想があるので、夜行バスで帰省することにしました。

……けど、ものすご〜く寝にくかったらヤだな。(ヤマガタ)

相羽純一さん的。に

ポークを仕込んでみました(ちょっと自分流にアレンジしてますけど)。



1. 保存液をしっかり洗い流す。

2. ポークフレックスを直にぶっかけ、もみ込んでラップする。

3. 室温で30分〜1時間放置。室温は高いほうが軟化が早く進みます。

4. 硬さをチェック。

5-1 OKならポークフレックスをしっかり洗い流して完成。

● ここまでは相羽さんに教えてもらったとおりです。

5-2 まだダメなら飽和するまで濃いめに溶かしたポークフレックス液を作り、
   それにポークを浸して70℃くらいのお湯で「湯せん」30分〜1時間。
   デロデロになっても責任は取れませんので10分に1度は必ずチェック。
   それから、中学生のころにポークをぐつぐつ煮込んだら、
   当然のようにガチガチになりました。熱湯はダメよ。


※ポークも水温ひと桁台の冷水では若干、硬くなりますので、
 気持ち軟らかめに仕上げておくと、現場で好みの状態のものが使えます。

p
スーパークローの「当たりビン」を引いたようで、3個(右)とも1.5〜1軍豚になりました。

昨春にダメ豚だった2個(左)も、トンカチでガンガン痛めつけたあと、薄めに作ったポークフレックス液に浸してひと夏を越したところ、すっかり忘れたころに使える状態になってました。



今日(12月28日)、このポークで今年のラスバスを釣ったはず!(書いてるのは12月26日です)。

(ヤマガタ)

今年は何で釣ったのか?

クチイシはダムダムホッグ4inのテキサスリグ。

編集長はステイシー。



編集部で1番たくさん釣ってるササキ(100〜150尾?)は、ノーネイムクランク♯1、にょろにょろ、クリスタルSシャローロール、ガードスピンジグ + スタッドあたりがメイン。

あと、ササキは今年、初の50cmオーバーをビッグバドで釣りました。

実はササキはとっても釣る人なのです。とくに巻いて釣るのが得意。

シーバスもやるので、そっちの経験が活きるのでしょうか。



僕の場合は、パワーホッグ3inのテキサスリグ、ゼロワンジグ + ドライブクロー、エーキンスジグ + スーパークローあたりで数を釣ったような気がしますけど、気がするだけかもしれません。

クランクもバズも好きだけど苦手で、ササキのようには釣れまへん。

今年、巻いて釣ったのなんて10尾くらいのはず。



v1
突然ですが歴代上位4尾のヒットルアーたち。

52.5cmを釣った3.5inカットテールワーム。
無性に細かい釣りがしたくなって、1/96か1/64か忘れましたけど、かる〜いネコリグで釣りました。
2007年5月末か6月頭に黒部川(千葉県)で。ラインが2.5Lbだったので焦りました。

50.5cmを釣ったフラットペッパー60F。
コレで30cmくらいのが入れ食いになり、デカいのがポロ……、……ポロ……、と混ざりました。2時間で30〜40尾くらい釣ったでしょうか。
2000年7月半ばに前川ダム(山形県)で。

50cmを釣ったT.O.バズ。
2008年7月2日に牛久沼(茨城県)で。

49cmを釣ったRS150。
48cmは何尾か釣ってるのですが、49cmはたしか1尾だけです。霞ヶ浦釣行2、3回目で、自分がどのエリアにいるのかわからない状態で釣れちゃいましたフィッシュ。たぶん、玉造〜麻生のどこか。
2004年6月中旬でした。

こうして見ると、釣った時期が初夏に集中してます。

それと、苦手なのに、デカいのは巻いて釣ってますね。(ヤマガタ)

本年もたいへんお世話になりました。

明日から取材に出るので、出社するのは今日が最後です。

皆様、本年もたいへんお世話になりました。

よい年をお迎えください。そして来年も世話してください。



ところで、日ごとのアクセス件数を見ていると、

毎月10〜20日の閲覧者数が明らかに少ないのです。で、月末月初は多い。

10〜20日は編集作業に追われて更新が滞りがちなのですが、

たぶん、それが皆様にはお見通しなのでしょう。

「15日か……、ってことはどうせ更新されてないな」

という感じで、アクセス数が半減するのです。

これってパターンフィッシングに通じるものがあるかと。



年末年始は地元で過すので、帰る前にブーツを買わねば。

こっちにいると必要ないのですが、

あっちではブーツがないと出歩けもしません。

というか、駅から実家まで歩く間に足下がびしょ濡れになってしまいます。

今日も雪が降ってるらしいです、山形では。(ヤマガタ)

もう帰ります。

昨日はイブで今日はクリスマスだってーのに。

ハァ……、もう11時回っちゃいましたよ。

帰ります。

この女ッ気ゼロの会社から女ッ気ゼロの家へ。



そういや4年前のクリスマスに

利根川で第1回のオカッパリオールスターをやったんだっけ。

メンバーは、

川口直人さん、川村光大郎さん、関和学さん、

成田紀明さん、古沢勝利さん、山木一人さん

でした。



例の「すのこ」は今年も釣れるんでしょうか。

去年の冬は僕もササキも釣れました。

ってことは、このブログがスタートしてからもうすぐ1年。


早ッ! (ヤマガタ)

いよいよ発売です。

第6回目の開催にしてついにDVD化!

d1

明日、本誌最新号(No.206)と同時に店頭に並びます。



eつり人.jp(http://www.e-tsuribito.jp)で通信販売も承っております。

年末年始の営業(http://www.e-tsuribito.jp/pages/info/081212/081212.php)をご確認のうえ、

年末年始にご覧になりたい方はちょっと急いで12月27日までに

年末年始は紅白、格闘技、箱根駅伝! という方は、1月5日以降でも

ご注文、お待ちしております。

2008年の10大ニュース。

〜つづきです。以下、自慢話が続きます〜

「下駄の鼻緒」か「ミサンガ」か。



結果的にアングラーズバンドは「ミサンガ」。切れてよかったほうでした。



編集後記を数えてみたら、今年は62尾のバスに恵まれたのですが、

やたらと40cm以上のが釣れてくれました。

62尾中半分くらいが40cmを超えてて、そのうち10尾は45cmも超えてて、

挙げ句50cmまで釣ってしまいました。

残り1週間ですが、まだ無事に年が越せるかわからないぞ、ってくらい

今年はバカヅキしていました。

年々、釣る数は減っていて、今年は三桁にも遠く届かなかったのですが、満足度は高し。

霞ヶ浦、印旛沼、牛久沼、利根川、バンザイです。

b2
牛久沼にてT.O.バズで。我が釣り人生3尾目の50cm。T.O.バズはこれがラスイチだったのですが、アゴの硬くて厚い部分にがっちり掛かっていたので、外すためにバーブをつぶしてしまいました。クラッカーがプラ製のバズってほかに見当たらない……。困りました。

001
霞ヶ浦にて4inパワーホッグの17gテキサスリグで。
元編集部員M島先輩からもらった「激重! 筋トレ!! フルーガーフリッピンロッド」で初めて釣りました。けど……、もういいッス。乳酸がたまった腕でフッキングしたら、肘から手首がピーン&ズッキーン(つった)。で、バス落としそうになったし……。困ったちゃんなロッドだ。

b1
印旛沼にてベビーアクションキャットの5gテキサスリグで。47cm。ベビーアクションキャットは残り3本。日本中の在庫がありそうな店に片っ端から電話したけど補充できず。個人輸入するしかないのか……。困りました。

b3
霞ヶ浦にてメタボックのノーシンカーリグで。とくに困ったことはなし。いいフックも見つけました。

b4
利根川水系にて3inパワーホッグの2.7gテキサスリグで。今のところこれが今年のラスバス。ラスバスは12月中に釣りたいのですが、チャンスが残り少ない……。困りました。

春先、北浦で川村光大郎さんの「1325投」取材以降、本格的にシーズンインした影響なのか

いや、たぶん思いっきり影響を受けてるのでしょうけれど、

今年はテキサスリグとジグばかり使ってたような気もします。

朝、バズとバズジェットを巻く。

昼、テキサスリグとジグで撃つ。

夕、バズとバズジェットを巻く。

そんなハイシーズンの毎日。



と、いうことでヤマガタの2008年10大ニュース第1位は、

「本人が1番ビックリ! ヤマガタ、なぜかデカバス率高し」でした。(ヤマガタ)

二郎納めとサオ納め

今年はもうダメかと思っていましたが、先日無事に神保町で二郎納めとなりました。


小雨の降るなか、寒さに耐えること40分……


ziro


ドーン!


初めて見た人は驚くかもしれませんね。

(ちなみに小、トッピングはニンニクのみ)


いや〜並んだ甲斐がありました。


うまい!の一言です。




残るはサオ納め。


今年、個人的にはダムダムホッグ4inとメタボックの当たり年だったんですが、


須田さんとの取材で新たに第3のホグ系と出会いました。


こりゃ忘れないうちに復習せねば!っということで


取材から数週間後、こっそり同じ場所に行ったら……。


すださん


須田さんに偶然遭遇!!


こんなことあるのかってくらいの驚きでした(笑)。


詳しくは須田さんのブロク&次号のBasserをチェックしてみてください。


須田さんのブロクはこちら → http://plaza.rakuten.co.jp/kasumilunkers/


ちなみにこの日、須田さんはバッチリ釣って僕はボウズでした……。


あと1週間でなんとかしなくちゃ。


(クチイシ)


最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ