Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2009年01月

1月も残すところ3日ですね。

去年に続いて1月中に初バスを!

ということで、編集長もボチボチやる気になったようです。

滅多にバス釣りに行かない人ですが、行くと釣る(編集部の誰よりも)。

去年の1月4日なんて霞ヶ浦で3尾も釣ったし……。

64

○ヤマガタ vs. ×ササキ 50cm等々あってヤマガタ圧勝。

×編集長  vs. ○ササキ まさかの結末。型・数ともササキの快勝。

 編集長  vs. ヤマガタ そろそろはっきりさせておかねばならないでしょう。



けど、ステイシー60、コワイ……。(ヤマガタ)

目指せ、カスミ初バス!

ということで仕込んでみました。

54

ゼロワンジグ5g + スーパークローは外せません。

SSR-9は個人的冬の定番。エサのサイズに合わせればこの大きさになります。

スクリューベイト110は未知数。昨年の11月末に一発掛けてるので期待感あり。

真打ちは、マドネスのモエビフォーミュラに浸したスタッド4inと、ヤマガタカットを施したフラスカート(どちらも生臭い)の1/8ozジグヘッドリグ。

うん、こりゃ釣れましたな。(ヤマガタ)

ウインターバッシング(死語)。

バスを釣ることを「バッシング」なんて誰が言い出したのか……。

うちの先輩編集部員だったらヤだな。

センスのカケラも感じられないと思うのは僕だけでしょうか。





「ウインターバッシング」です。

こんな言葉があったということは、きっとひと昔前は、冬にバスを釣ることがよほど特別なことだったのでしょう。



僕も地元山形で弊誌(※幣誌は誤字・恥)を購読していたころは

12月下旬から3月いっぱいにバスを釣ったことがほとんどありませんでした。

1月にバイブラシャフト(3/8ozのタンデムウイローのホワイトチャート)で1尾と

2月にキャリラバ(3/8ozのブラックブラウン) + ベビーギドバグ(赤と緑のラメが入った汚い色)で1尾。

記憶にあるのはそれくらいです。



だいたい東北の湖沼は、冬になれば湖面に立てるくらいガチガチに凍るし、

その上に雪も積もるし、釣りがまったくできなくなります。

そういう意味では、いくらタフだとはいえ、関東以西のアングラーは恵まれていると思います。

とりあえず、水の中にルアーを入れることはできるし、

場所さえ大きく読み違えなければ、なんとかなるときは、なんとかなってしまいます(なんともならないときは、なんともなりませんけれど)。



冬に他魚種の釣りを楽しむのもいいですけれど、

東北出身の僕としては、冬もバスを釣れることが楽しくて仕方ありません。(ヤマガタ)

カスミ水系で釣りたいけれど……。

この冬のカスミは例年になく難しいんです。
(昨冬が釣れすぎだった気もする)

僕なんて去年の11月末には早くもデコをくらい
(micropterusの藤田さんは釣った)

12月末にカズ・カナザワさんと再チャレンジして2人ともデコをくらい
(その日はあの須田さんをしても釣れなかった)

1月中に初バスを釣るためカスミから逃げたので、
(同行者は50cmオーバーを釣った)

もうとんとカスミではバスを手にしていません。
(でも額賀少年は釣ってる)



なんか……、むしょ〜にカスミで釣りたい……。

初バス釣った勢いが残ってるうちに

去年の流れ(デカいのがよく釣れる)が残ってるうちに

カスミの初バスもどうにかしてしまいたい。

行くか……、今週末あたり。(ヤマガタ 釣行日数:1/釣果:1尾(45cm)/最大魚:45cm/釣率:1.00)

祝! ’09初バス!!

釣りました〜ッ!

去年より3週間遅れましたが、今年もなんとか1月中に初釣りで初バスを手にできました。

4
朝イチスタートで釣ったのは日没間際(直後?)。辛うじて山の端に紫色の光が残る17時36分でした。正直、十中八九……、いや十、デコったと思いました。

2
場所は関東。詳しくは次号が店頭に並ぶまでのお楽しみ、ということでルアーだけでも。ジグ&ポークです。

5
この冬、ず〜っとジグ&ポークをイジってた甲斐がありました。ラバーをピンピンに刈り込んだゼロワンジグ5gと仕込みたてテロテロのスーパークローが効きました。
●タックル
ロッド:テクナTAV60CMJ
リール:TDZ105HL
ライン:Pbフロロ12Lb

いや〜、デカくてぶっとい初バスでした。



が!

この日は40cmアップがもう2尾と、

なんと、50cmオーバーまで飛び出したんです。釣ったのは僕じゃありませんけど。



最新号の発売日になんですが、次号もよろしくお願いします。

オカッパリで一年中めっちゃ使えて応用も利き、

バンバン釣れる「あのテクニック」を徹底解剖する予定です。 (ヤマガタ)

Rubber is a lover at night.

今朝方のブログを見た、とある方から

「編集部のブログを私物化しちゃマズいんでねぇの?」

というような指摘をいただいたのですが、

なんのことやらさっぱり。

ただ「新刊の紹介」をしただけなのですが……、???


さて、


次号の編集作業で自分が脱稿(とりあえず原稿を書き終えること)したあとに

「一部」執筆陣の原稿を待ちながらしたことといえば、

10年ぶりにまとめてポークを仕込んだのと(次に仕込むときは40歳か?)

昨年末のセールで買い込んだラバージグのトリミング。

j
刈り込めば当然、ラバーの量は減るのに、そうしたほうが膨らんでデカく見えます。これは水中でも同じ。かつシルエットがボケます。

j2
トレーラーにセットするポークは、ワームと違って透明感とは無縁なので、ラバーのほうはこれくらいスカスカしてたほうが効くこともあるのかも。



自分の場合だけかもしれませんが、

同じくらいのウエイトのほかのジグと同じ使い方をしても

エーキンスジグだけが釣れることを何度か経験して、これはなんなんだろう、と。


●ただカバーに入れて、揺すって、止めてるだけなので、

ヘッド形状やアイポジションが原因ではなさそう。


●カラーか? とも思ったのですが、

色もそんなに差がでることが何度もあるような要素ではなさそう。


●ラバーの質。これはありそう。

よく使うジグにシリコンラバーの物は少ないので。


●ラバーの量。これもありそう。

エーキンスはラバーをケチってるのかと思うくらいスカスカだし。



……そういえば、橋本卓哉さんや相羽純一さんや川村光大郎さんのジグは、

刈り込まれたラバーがピンピン跳ねて、キレイにまとまってくれなくて
(個人的に「跳ねラバ」と呼んでいる現象)

撮影するとき、いつもイラっと、ムカっときて

「あ"〜、もうッ! いい加減にしろ●●●●(●)の跳ねラバッ!」
(人に恨みはありません。むしろ非常にお世話になっております)

と、叫びながらラバーに煮え湯をぶっ掛けたり……。
(ちょっとしんなりさせるために、です)



じゃあ、自分もエーキンス以外のジグのラバーをすいてみるか、

と試したところ、これが何やらビンゴっぽい予感。釣れる。



フレアする早さとか、単純にボリュームとか、トレーラーとのバランスとか

ラバーをすくことで変わる要素はさまざまでしょうけれど、

どうやら同じジグでも、まんま使ったほうがいいときと、

すいたほうがいいときがあるのはたしかなようです。



そうなんです。まんま使ったほうが釣れた経験もあるのに、

あまりにも原稿待ちの夜が長かったせいで、

持ってるジグのラバーを、全部チョキチョキやってしまいました。

もうチョキチョキするものがありません……。



こんな長文を書くのも、今まさに、今もまだ、手持ち無沙汰でいる証拠。

本当にお願いします、「ごく一部」の執筆者の方。(ヤマガタ)

とりあえず、次号の編集もひと段落?

らい週26日発売の幣誌をよろしくお願いします。

ドレミファソ

ラシド

t

すみません。たったニ文字分が浮かばないほどネムいッス。(ヤマガタ)

お見通し。

ちょっと、身体中の関節が痛くて、

ノドも痛くて、タンもからむし、鼻水ズビビで、

目の奥と自分の息が熱いけど、

どうやらインフルではないようでひと安心。

そして

ケータイが復活!

通話中に異音が響くなどの後遺症は気になりますけど、

まぁ、セーフ?



ところで、つい先ほど相羽純一さんから電話がありました。

開口一番

「あ〜あ、黒はこすっちゃダメなんですよ〜?」

うッ……。

それだけで相羽さんが何を言ってるのかわかりました。

一昨日、書きかけでダウンしたブログの内容のことです。



どーにもポークフレックスが効きにくいガンコポークも

濃いめのポークフレックス液にしばらく浸したあと、

黄と緑のスポンジの緑のほう(硬いほう)で

裏側(平らな面)をガシガシやると

皮が削れてペラペラに薄くなっちゃうのですが、まぁ、よく動くようにはなるんです。

テロテロではなく、あくまでもペラペラですが。



ただ、今まで、この方法をブラックではやったことがなかったんです。

結果、ご覧(↓)のありさまに。



まぁ、あれです。

黒と白の明滅効果ってヤツですか? 期待できるのではないでしょーか。(ヤマガタ)

待ち疲れ。

昨日、このブログを中途半端にアップしてから、

体調が急激に悪化。

1ヵ月のうちでもっとも免疫力が低下しているこのタイミングです。

誰のせいかと問われなくても

ゲホゲホ咳き込みながら……

k

マスクもしてなかったこの人のせいでしょうね。

ふたり体調を崩しました。

5
キャプション書く気力ナシ。以下、同文です。

マスク買いに行ってきます。

寒気がして会社から出たくないですけど。

t1

l

(ヤマガタ)

ツンデレ報復あり。

たった今、トイレに行って、便座に腰を下ろそうとして……



























ボチャン。

ケツポケットからケータイ、落下。

ケツポケットからケータイ、水没。



オールスターの前日に土砂降りのなか会場を設営していて

壊して、買って、まだ3ヵ月経ってません。

速攻でバッテリーを抜いて、ただ今、乾燥中。

復活するか否かは神のみぞ知る。

48時間はアンタッチャブルで放置します。



ということでワタクシ、土日はケータイが通じません。

お急ぎのご用がある方は、

186のあとに編集部直通03-3294-0713へご一報ください。



釣り、飲みのお誘いへの答えは、行きたいけど「No」。

編集佳境、寝不足、休日出勤、ケータイ水没につき殺気立っておりますので、

イタ電されたらどんな行動をとるか……

「新しいケータイ買ってくれるまで許さないんだからねッ!?」

とか、ツンデレふうにキモイ声で叫ぶかも。(ヤマガタ)
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ