Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2009年02月

その2

とりあえず、スースレをキャストするジャイアン沖田さん



BlogPaint


そーですよね。この状況じゃキャストするのもムナシイ感じ。


しかし! この直後にドラマが起きたのです!!!


1時間後に続く

ジャイアン、黒部川の快挙! その1


バサー最新号の中層攻略特集。

はっきりいって、今回の取材はどれも厳しいと思っていました。

いろいろな方に話を聞くと、ノーフィッシュで何日もロケした

ということを言っていたからです。

でも、ナント! 今回の取材では、超メジャーレイクにも関わらず、

3尾のゴーマルが飛び出しました!

そのひとり、ジャイアンこと、沖田護さんのロケ地は千葉県の黒部川。

実はこの日、激しい濁りで実釣取材はムリだろうということで、

インタビュー取材にしようと考えていました。

でも、せっかくだからダメモトでちょっとやってみようということになり、

ボートを出さずにオカッパリで水のきれいな場所を探すことに。

そして行き着いたのが黒部川でした。

でも、水の色はご覧のとおり

 ↓
 ↓
 ↓

その1

コーヒー色どころか泥水です Σ(=゚ω゚=;)


さぁ、ジャイアンどうする!!!

1時間後に続く

Sさん、ウップンたまりまくり。



さきほど、ランカーキラー

Sさんから電話がありました。

どうやら釣欲たまりまくりのようで、

今度いっしょに釣りにいく約束をしました。

なかなか釣れない利根川のバスよりも、

海バスをご希望のようでした。

岡キャプテン、また参戦者が増えましたよ!


BlogPaint


いっぽう、イヨケンは現在アメリカチャレンジ中。

「英語っスか? 全然話せないッス! なんとかなるっしょ。がっはっは」

「・・・・・・・・・。」

右も左もわからないままアメリカに飛び込んじゃう根性と度胸は

すごいですけど・・・・あまりムチャをせずに頑張ってください。

あ、そういえば、イヨケンのHP

リニューアルするようです。

アメリカからも頻繁にブログアップしてるので、要チェックです!

(コバケン)

======================================
並木さんといくアマゾン釣行も随時募集中!!

詳細は、
ブラジル旅行社のホームページ 、いいつりびとドットジェーピーに掲載しています!

トシと行くアマゾンツアー



タイフーンG団。

カネGンさん(http://kanegonweb.blog.shinobi.jp)
書き込んでないだけで見てますっつーの。
トップはアイクではなくリースでは?

Gタロウさん(http://champ206.blog.shinobi.jp)
太り続ける僕をブタ野郎と言いたいんでしょうか。
バニーにも見えるのがキモいです。

おのれタイフーンG団め…。

おふたりとも、初バスの写真はまだですか?

もう3月になりますよ〜。(ヤマガタ)

ブタ臭は強烈だった。

あのあと、どうやら漬け込んでも大丈夫そうだとわかったので、

ガルプバケツに3尾を追加投入。

そしてさっきガルプ汁を洗い流してみたところ、

残ったのは、ほぼブタ臭のみ。

わずかに酸っぱい臭いもしますが、

ブタ臭は思いのほか強烈でした。

だからポークは釣れるのか?
45
(ヤマガタ)

超・釣りしたい、帰りたい。

月刊誌の編集が終わったばかりで、

例月ならぐっで〜と1日休み(昨日)

残る1日は、さぁ釣るゼ!(今日)

という土日を過すところなのですが、

次々号の進行はもうすでにかなりヤバいのです。

決めたペースを何がなんでも死ぬ気で守らないと、

絶対にいろいろなことが終わらなくなり、

いろいろなことが終わってしまいます。

なので、決めたノルマが未達の本日は、ひとり寂しくお泊まり原稿です。

自宅と会社を往復する2時間が惜しい。

その分、プラス2.5時間寝たい。

もう眠い。コンタクトも外したい。

なので寝ます。お休みなさい。

ちゃんと起きたらここでご報告を。

う"ッあ"〜、今日は釣りしたかった! そして帰りたいッ!!(ヤマガタ)

バスマスタークラシック。

2日目が終わって

1位はJAMI FRALICK(ジェイミー・フラリック? 読めません)。

1975年生まれの33歳、クラシック出場2回目という選手。

1日目、2日目とかなりスコアが安定してます。

が、どうやらほかの上位選手と200mチョイのストレッチをシェアしている模様。

バックアップがあれば話は別ですが、

このままま逃げ切れるかはそのストレッチのポテンシャルしだいか?



2位はスキート・リース。

2日目単日2位の好スコアを持ち帰ってジャンプアップしてきました。

開催地のレッドリバーがどんな状況か知りませんけど、

リースといえばバーサタイル系の代表格。

1日目の状況を踏まえてしっかりアジャストしてきたのでしょう。



やっぱり気になるKVDは30位と苦戦し、カットに漏れて2日目で終了。

でも、2日目単日で見ればシングルに入るスコアをマークしてるんです。

ってことは、そう、1日目に大ハズシしたんです。

なんとリミットメイクに失敗(ウエイインしたのは4尾でロースコア)。

バンダムがハズしたということは

1日目はパワーフィッシングが通用しなかったのかも。



本命視されていた地元のグレッグ・ハックニーもハズしてますし、

スコアを見ても、

1日目は20Lb超えが1名だったのに対して、

2日目は20Lb超えが4名に増え、ほかにも好スコアをマークした選手多数。

直前、もしくは試合中にフィールドコンデションを大きく変える「何か」があったのでしょうか。

調べる(辞書片手に読む)時間はありませんが、

雨貝健太郎さんが公式プラから現地入りしてますので、

次々号で詳細にレポートしてくれるはずです。(ヤマガタ)

48時間経過。

昨日はひさびさにお休み。

寝たり起きたり洗濯したりを繰り返しながら「シャナ」の最新刊を読了(某プロはアニメのほうの「声」にやたらハマってるようですが、そっちは理解不能です)。

普通なら1册4〜5時間のところまる24時間かかったということは、体力的にかなり限界キてた模様。

で、今日は出社してパチパチ、ポチポチ原稿書きしてます。

,57
恐れていたような硬化は起こらず、むしろテールのクセが取れたような…。まぁ、それまで狭いビンに押し込んでいたのが、広いバケツに移したことで元に戻ってるだけのような気もします。けれど、ガルプ汁が黒ずんでるのは気のせいではありません。なんかポークのカスが散ってるのも不安な感じです。このあとどうなる!? (ヤマガタ)

ガルプ!! ア・ポーク。

恐怖の汁漏れバケツ。
.5
ガルプ!!アライブ3inバルキーホッグ。


フォーミュラやアトラクター全般、
いわゆる味とかにおいの効果を信じてませんでした。
バスがにおいに釣られてフラフラ寄ってきて、
パクリと食べて味わうようにロングバイト…、なんてねぇ。
だいたい、日本の内水面にそんな体臭がキッツい生き物いねェし。
かえって味とかにおいがあるほうがバイトしたときの違和感になるんじゃね?
ってなふうに思っていたのです。
いまだに、においでバスが寄ってくるとは思ってません。



去年ガルプ!!アライブを使ってみた結果
キャットフィッシュは寄ってくると断言。
そして、バスのバイトタイムもたしかに延長されるようです。
普段、薄味なもんしか食ってないだろうに、
ゲーリーヤマモトのたっぷり塩入といい
ガルプといい
バスってジャンク系に飢えてるのでしょうか。

さて

残ったガルプ汁をどうするかな、と。
「エサの素」とも言われる汁です。
捨てるのはMOTTAINAI.
ということで、こうしてみました。
65
同じことをしてすでに失敗経験をお持ちの方は、編集部までご一報ください。
(ヤマガタ)

イジメ? 次号予告。

お蕎麦。
42

あら不思議。赤くなりました。
25

唐辛子(てんこ盛り)のせいですね。イジメか?
452

次号、誰もが知ってるトッププロがこのお蕎麦を手繰ります。

「手繰る」と言えば「手繰川」。

「手繰川」と言えば「印旛沼」。

「印旛沼」と言えば誰?

それは読んでのお楽しみ、ということで。

(ヤマガタ)


======================================
並木さんといくアマゾン釣行も随時募集中!!

詳細は、
ブラジル旅行社のホームページ 、いいつりびとドットジェーピーに掲載しています!

トシと行くアマゾンツアー
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ