Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2009年04月

ヒッ!

銀行の窓口でポケットから通帳を出したら

いっしょに ↓ がボロっと出てきて

dfs

受け付けのお姉さんが

ヒッ!

本人はともかく周りの行員の視線がヤバかった…

通報ボタンとか押されたらシャレにならんス。(ヤマガタ)

お腹いっぱい!

9ab174b7.jpg


明日もガンバリマス!


(コバケン)

バスとロックは世界を救う!



すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、

現在、好評連載中の

「バスフィッシングは世界を救う!」の筆者・森本明人さんが、

5月8日に釣り好きバンドを集めた、

釣り好きによる、釣り好きのためのイベントを行ないます!





うなぎ!

気になる詳細は コチラ


連載70回記念って……なんと中途半端な ( -д-)ノ


それにしても、釣りバカばかりが集結するライブ……


うーーーん、想像するだけでワクワクしますな!!!


もちろん、編集部員も遊びにいきますよ!


皆さんもゼヒゼヒ! (屮゚Д゚)屮 カモーン!!!!


(コバケン)

アマゾンツアーについて残念なお知らせです。


数ヶ月に渡って募集していました

「並木敏成さんと行くアマゾンツアー」ですが、

旅行会社から下記の連絡があり、

残念ながら延期となりました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今ツアー催行を予定しておりましたが、

航空会社から突然のフライトキャンセルが入り、

それに伴い日程を変更せざるを得ない状況となりました。

そのことを受け、締め切り直前まで参加者様と

スケジュール調整を行なってまいりましたが、

残念ながら催行不可能な人員となってしまいました。

参加者様がアマゾン上流のダム湖で

大物釣りの夢を抱いておられたことは痛節に理解をしておりますが、

非常に残念ながら今回は延期とさせて頂きます。

皆様方に大変ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。


螢屮薀献詢更埃


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


参加予定者の方々はもちろん、私たちとしても

非常に残念な結果となってしまいました。

関係各位に多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。


ライン「に」キレた週末。

週末の釣果です。

釣果ですったら釣果です!
f
バイト、アワセ、ヘタるまでのファイトは興奮できました。

bv
43cm。メジャーをあてて撮影したのなんて15、16年ぶり?
ルアーはパワーホッグ3inの3.5gテキサスリグ。
ロッドはオールスターT40X、リールはTD-Z105HL、ラインはフロロの14Lb。

詳細は後日アップしますが
関和さんがアドバイザーを務めるショップ、リミットの
ウォーカー・ウォーカーカップに参加してきたのです。
超楽しく、燃えました。なので、かなり悔しい。



このニゴイの前に、これよりデカいバスを掛けたのです。

ちなみにラインは、先月購入し、前日の夜に巻いたばかりのフロロ16Lbだったのですが…

プチン。



朝からイヤな感じはしていたんです。

ここ5、6年間ずっと同じ製品を使ってきたから異変に気づいたというか。

●「湿らせて」ユニノットで結節するだけでザラつく。

●ゆっくりやっても、最後の締め込みでクリンとなる。

●不意にキャスト切れする。

●根掛かりを外そうと引っ張ると、表示強度に対して異常なくらい簡単に切れる。

同時に購入した16Lbと12Lbの両方が同じ状態でした。あり得ない。

前に購入したときまで、まったくこんなことなかったのに。



なので、神経質なくらいマメにラインをチェックし、

結節にも気を遣ったのですが…



現場ではかなりラインにキレましたが、

今になってみると、ニゴイを釣ったタックルはラインを巻き替えていなかったので、

その1セットだけで釣りをするべきでした。気づいてたんですから。



バスに悪いことをしました。反省です。(ヤマガタ)

Basser編集部員の日常。

 
ササキの場合 

4月8日21:00〜4月9日
状況●締め切り前で原稿に追われている

昨晩21:00 会社の近くの銭湯で湯上りにスポーツ新聞を読んでいる姿を
      ヤマガタ先輩に発見される。


  26:00 「漫喫で4時間ほど寝てきます」と言い会社最寄の漫画喫茶へ。


  27:00 『黄昏流星群』を3巻ほど読んで就寝。アラームを6:30にセット。


今日10:00  やべっ! と寝坊。定刻より3時間早く仕事を始める予定が……。
      莫大な延長料金もとられ、ダブルパンチ。


  12:00 原稿を進めるも、そろそろお腹が減ってくる。


  13:00 編集長、ヤマガタ先輩とトンカツ屋へ。上司ふたりが「ロース」
     (750円)を注文するなか、ひとりだけ「ヒレ」(800円)を頼む。
      こういう場合は自分も「ロース」にするべきなのか……。
      悩むがやっぱり「ヒレ」食べたい。

  16:00  エレキ用バッテリーの充電を頼まれる。
      プラスとマイナスの色がわからなくなり、
      間違えたら感電するんじゃないかと心配になる。
      1回間違えたけど痺れたりはしなかった。

  20:00  編集長に原稿をチェックしてもらう。「書き直し」が怖くて生きた
      心地がしない。

  22:00  集中力がなくなりブログを書く(今)。明日の7:00に予約投稿。 

こんなんですが、今月もがんばって『Basser』作ってます。

よろしくおねがいします。

(ササキ)    

ハレ晴れフカイな連載。

「オカッパリで行こう!」は

取材が晴れすぎて困る連載なのです。



今月号の取材をした3月頭の横利根川。
jmu
凍ってるんじゃないかと思うくらいペターっと凪いだ川面



どピーカン



横利根川にはシェードらしいシェードがない

||

日中は釣れない

まぁ、狭い横利根川ならこうなるのも珍しくありません。



が!



次号の取材をした4月頭の霞ヶ浦本湖。
hg
だだっ広い本湖も関和さんにかかればこのとおりベタ凪ぎ。



どピーカン



●●●●エリアにはシェードらしいシェードがない

||

日中はお手上げ


う〜ん
mj
写真を撮るほうは楽でいいんですけどね。(ヤマガタ)

犬。

一昨日、霞ヶ浦で関和学さんの取材中に

ハッハッ、ヘッへッ言いながらダッシュで突っ込んできたので

「ザク2」の連射(連写)で撃退。



鼻っつらで「カシャッ!」。
fh
まだ反応が間に合っていない犬。

「うわッ! なんかヤラれた」
kj
って感じでのけ反る犬。



反応がおもしろいので

次はフラッシュをくれてやろうかと待ち構えていたのですが、

警戒して2度と射程には入ってきませんでした。

ちなみに犬は好き。

取材で関和さんのおかげでナイスなバスと…

怪魚の写真も撮れました。



関和さんいわく

「20年以上、カスミで釣りしてるけど

この魚は初めて釣ったよ」とのこと。

バスでもライギョでもニゴイでもシーバスでもカエルでもコイでもレンギョでもアユでもワカサギでもシラウオでもギルでもフナでもワタカでもボラでも…ありません。

というか、関和さんも僕もその魚の実物を見るのは初めてだったので、

現場では正体がわかりませんでした。

次号をお楽しみに。(ヤマガタ)

鳥。

取材中に飛んでいるのを見ると思わず撮ってしまいます。

ちなみに

中古で1万円チョイのニコンD70と
中古で9000円のニコン70-300mmで撮影。
このD70、計2万円の通称「ザク2」は現役。

初代「ザク」は野尻湖へ落ちたときに大破。
70-300mmも1本目は壊れて2本目を使用中。
最初はどちらも新品を買って計22万円也。

中古バンザイ! 時間よ戻れッ! カムバック20万円!!

dc

jd

ju
2万円でも充分写る。
そりゃ性能面に不満はあるけど、いいなと思う機種は50万円も60万円もする!
持ち腐らせる金はナシ。

jur
止まっているのより、飛んでいるのを撮るほうが楽しい。

r,,
問題の鳥。後ろ姿は普通。
,r
遠目にも普通。が、着水後に近づいてみると…
f,
顔が恐い。おまけにデカい。

k,
ミサゴ。アメリカではオスプレイ。
スピリチュアル・パフォーマーな感じ。
ju
広げた翼の形がいい。
フロリダのブルーサイプレスレイクで撮りました。

ki,
う。ツヤツヤ、テカテカしている羽毛は水の弾きがよさそう。
,i
高滝湖で撮りました。
これからシャローへ上がったバスをガツガツ食うのでしょう。

今日の晩飯はお魚にします。(ヤマガタ)

締め切り迫る!


数ヶ月に渡って募集してきました

「並木敏成さんと行くアマゾン釣行」

の締め切りが迫ってまいりました!


締め切りは 4月15日


「どうしようかなぁ〜」と考えているそこのアナタ!

こんな機会はまたとないですよ!!

ツアーの料金も1週間という長期間を考えると、決して高くないと思います。

ご応募お待ちしています!




並木敏成さんからのツアーのメッセージ
「ブラジルは、自分にとっても未知。おそらく、皆にとっても未知だろう。未知の世界を冒険するのは子供の時からずっと好きだったんだ。今になっても、そんな冒険トリップが出来る喜びで、いまからもうワクワクしている。楽しみだ!」
O.S.Pホームページより引用)


気になる人は下のリンクをクリックしてみてください!!!

======================================

並木さんといくアマゾン釣行も随時募集中!!

詳細は、
ブラジル旅行社のホームページ 、いいつりびとドットジェーピーに掲載しています!

トシと行くアマゾンツアー




最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ