Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2009年06月

今年のSUPER 3DAYS優勝は松村寛選手&赤嶺吉蔵選手

何やらとんでもない逆転劇が起こった今年のSUPER 3DAYSですが

展開はともかく、優勝したのは予想どおりのチームでした。
7
PHOTO BY W.B.S.

松村寛選手&赤嶺吉蔵選手、おめでとうございます。

ちなみに僕の優勝予想3チームは

●松村寛選手&赤嶺吉蔵選手(優勝)

●赤羽修弥選手&平川皓也選手&布川昭男選手(5位)

●小島貴選手&星洋行選手&伊藤一樹選手(19位)

ササキの優勝予想3チームは

●川口信明選手&矢口悟司選手(10位)

●西村嘉高選手&内村丈二選手(15位)

●平本仁選手&鬼形毅選手(16位)

という感じで大会前に予想していました。



僕が挙げた3チームのキーは

○「減水」したときに沖を釣れる。もしくは減水してもシャローで勝負できる。

○霞ヶ浦で「長丁場」の試合に慣れている。

○快晴、快晴、雨天とわかっていたので、「2日目から3日目の状況変化」に対応できる。

○「練習量」が豊富。

でした。

(ヤマガタ)

スーパースリーディズ

 
 今からスーパースリーディズ最終日の取材に向けて出発します。

現在トップは千葉恒太・並木敏成選手の「Team O.S.P with BMC」

9940gというとんでもないウエイトです。

2位は赤羽修弥・平川皓也選手の「Team STEEZ」。

ウエイトは7890g。

かなり手に汗握る最終日になりそうです。

明日、霞ヶ浦方面へ釣りに行く人は、

土浦新港を覗いてみては?

ウエイインショーは13:30〜。

お昼休みも兼ねて、新港へGO!

(ササキ)

ちょっと怖いくらいです

本日から霞ヶ浦でW.B.S. SUPER 3 DAYSが始まりました。

1日目を終えてトップに立ったのは
千葉恒太選手 & 並木敏成選手の「TEAM O.S.P with BMC」
5
photo by W.B.S.

同チームが持ち帰った5尾で5600gは
最新号のBasser 88ページに書いたとおり
現状の霞ヶ浦でアフター期にねらえるほぼマックスのウエイトだと思います。

ところで、今朝、ササキと今大会の上位チームを予想し
それぞれ3チームずつ挙げたのですが

僕が予想した3チーム(8、14、23)は、今のところすべてベスト10に入っており
内2チームはベスト5にも入っています。
ちょっと怖いくらい予想どおり。

一方

ササキ予想の3チーム(5、1、3)は、今のところすべてワースト13に入っており
内2チームはワースト5にも入っています。
ちょっと怖いくらい予想ハズレ、まるで呪いのよう。

……何か不運が重なってスコアが伸びやんだチームがあったとしたら
それはササキに……

残り2日間、ウエイイン会場の土浦新港へ行くもよし
W.B.S.のホームページ(http://www.wbs1.jp)で経緯を見守るもよし
結果はいかに!?

(ヤマガタ)

ついに発売!



一昨日、並木さんの写真をアップしましたが、

翌日、つまり昨日のロケは……

ガッツリ釣ってくれました! .。゚+.(・∀・)゚+.゚

詳細は7月末号で!


で、明日、このブログでも紹介しましたが、

沢村幸弘さん主演のDVDがついに発売になります!!!!

いいつりドットジェーピーにも動画をアップしてありますので、

気になる方はチェック!!!

動画は コチラ

(コバケン)

初日終了!

208756d0.jpg









部屋に入って明日の準備中です。
明日はガンガン釣るぜ!
by並木

とのことです

さぁどうなる!?

(コバケン)

僕はクランクベイトでした

数年前

取材中に撮影用のクランクベイトを握りしめたまま転倒して

地面に手をつき

右の手のひらに

グサリ

引っ張っても抜けず

なら

もっと深くU字形に刺し貫いてバーブを折ろう

と試みてドツボにハマり

引くことも押すこともできない状態に



取材相手に気を遣われてロケ中断

なんてことになるのはゴメンだったので

気づかれないように何食わぬ顔でそのまま取材続行

右手にクランクベイトがくっ付いてるのでカメラをホールドしにくいし

シャッターも切りにくいったらありゃしない

もちろんズクズクと手のひらに心臓ができたみたいに痛い

その後ガマンすること3時間で取材終了



そのままでは車のハンドルを握れない(病院に行けない&家に帰れない)ことに気づく

正直に取材相手に話して病院へ連れていってもらい

麻酔して切開してクランクベイトから解放してもらい

抜糸不要の溶ける糸とやらでチクチク縫ってもらったことがあります

痛いというより恥ずかしい思ひ出でありんす

(ヤマガタ)

K-0ポッパーのゆくえ

 
 先日のブログにあるとおり、

K-0ポッパーを腕に刺してしまった佐々木です

自分で抜こうとも思いましたが、

結局お医者さんへ。

いざ抜いてもらうときは

痛いザンス〜! とイヤミ風に叫びそうになるくらい痛かったですが、

同時に、「自分でやるのは無理だ」と確信しました。

絶対途中で躊躇してしまい

二次災害が起きそうです


もしフィールドで同じ目に遭われた方がいましたら、

迷わず病院に行くことをお薦めします

(ササキ)

ポッパーが釣れてます

トップが、

具体的にはポッパーが効果的で、よく釣れる季節になりました



利根川、野池、琵琶湖、野尻湖、河口湖、高滝湖……

聞こえてくる話題はポッパー1色に染まっております

ササキはポッパーで血に染まったり青くなったりしてますが

fg

nd

xdg

dh

ポッパーって、いつ、どういう状況で、どんなふうに使うのが基本なんでしょうか

ペンシルベイトとの使い分けは?



「梅雨は(なんとなく)トップ(が効きそう)!」

というのではなく

気候はもちろん、この時期のバスの状態を加味すれば

「6〜7月はポッパーで決まり!」らしいのです

次号はこの時期の釣果に直結する、そんなお話

(ヤマガタ

TOP50霞ヶ浦戦

agg
福島健選手。1日目にボートトラブルで帰着遅れの失格(つまりビリ)に

このときなんと4kg以上釣っていたというのですからMOTTAINAI !

そうとうへこんだでしょう

並の選手だったら精神的にお終いです

精神的に持ちこたえても

実力的に残る予選2日目だけで2日分釣ってきて決勝へ進むなんて無理!

ということは、福島選手は並じゃないということですね

予選を通過したどころか最終的には11位まで挽回したわけですから





そんな並じゃない選手がもうひとり

加藤誠司選手です

jj
トレーラーウエイイン中です

ということは決勝に残ってます

ga
おお、ナイスフィッシュです(ところで「ナイスフィッシュですッ!!」のお役目はササキに引き継ぐことになりました)

加藤選手も予選1日目に失格(つまりビリタイ)になりました

その原因と責任は、なんと言いますか運営本部の某個人にもあったりなかったりして

要は禁止エリアで釣りをしてしまったのです(ちょっとカワイソウ……)



加藤選手も挽回して挽回して16位フィニッシュです





そしてもうおひと方
gy
広大な霞ヶ浦に手漕ぎのバスボート(やや誇張あり)で挑んだ秦拓馬選手

決勝のトレーラーウエイイン時にそのときのようすを再現してました

激荒れ本湖を爆走(×3日間)したことでエレキが逝ってしまい

けれどパドルで漕ぎながら釣り続け
swjy

1598gのミラクルフィッシュをキャッチ!

ド根性の8位入賞





失格もボートトラブルも選手本人の責任ではあるのですが

そこで諦めずに挽回する展開はドラマチックです

同船したオブザーバーも興奮したことでしょう

(ヤマガタ)

ササキからのメール。

「お疲れ様です。

朝、起きたらK-0ポッパーが腕に刺さってました。

今、寝巻き姿のまま腕にポッパーをブラ下げて病院の待ち合いにいます。

ポッパーで身体に寝巻きが縫い付けられている状態です。

ポッパーから解放されたら出社しますが、だいぶ待たなければいけないようです。」





(ヤマガタ)
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ