Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2009年07月

歳を実感。

連載「オカッパリで行こう!」でひさしぶりに霞ヶ浦を離れて

今月の頭にJB TOP50が開催された岡山県の旭川湖で取材してきました。

東京からは片道700kmチョイ。

長距離運転が苦にならないたちなので行きは給油と食事の2ストップで完走。

で、2日間の取材を終えて帰路に着いたのが昨日の夜8時。

深夜の東名でトラックの波に揉まれても今日の朝5時くらいには

会社へ戻れると思っていたのですが……もう若くないんだなぁ……。



深夜2時に500km走ったところで静岡県内でギブし

元・編集部員で現・動画カメラマンの岡崎君にヘルプを求め

会社に戻ったのは朝7時でした。

3、4年前は取材終了後でも一晩で800kmや900kmは走れたし

帰社してそのまま校正とかしてましたけど

そんなの今じゃもう無理ッ!



岡崎君の運転で3時間睡眠 + 会社の駐車場で車内爆睡2時間

結局5時間寝たのにまだまだ滅茶苦茶に眠い。

おまけに週末までこのダメージを引きずりそうな気配濃厚です。



取材内容は後日、サラリとアップします。

ふぁ、眠……。

(ヤマガタ)

W.B.S.第4戦

blog1


7月26日に北浦にて行われた

W.B.S.第4戦、

優勝は……、

麻生洋樹・田代涼チームでした!

詳しいレポートはW.B.S.のウェブサイト(http://www.wbs1.jp)

にてチェックできます!

もちろん、8月26日発売の『Basser』にも掲載されますよ!

それにしても、

暑かったです。

入道雲がいい感じに出て、これぞ日本の夏!って感じの天気でした。

「こんなドピーカンで釣れるの?」と思いつつ取材していましたが、

みなさんしっかり釣ってきてました。

霞ヶ浦水系をホームにしている人は、

上位選手のパターンをチェックしてみてください。

参考になること間違いナシですよ!

(ササキ)




ヘンな天気が続きますな・・・・



関東は梅雨明け宣言した途端に雨ばかり。

九州や中部にも深刻な被害をもたらしています。

いったいどうなってるんでしょ、今年の夏は・・・。

まぁ、今年は春からバスの動きが例年とは違っていましたし、

このまま梅雨明けしたのかどうかわからないまま

ダラダラと夏が終わってしまいそうな予感がします。



さて、先週末、本誌連載の「THE MISSION」の取材に行ってきました。

今回も2日間のロケだったのですが、その初日に釣りをしていると、

遠くから爆音とともに近づく黄色いボートが・・・・。







(゚∇゚ ;)エッ!?






(゚ロ゚;)エェッ!?








またもや

反町さんだぁ〜〜〜〜!



この前取材で釣りしたばかりなのに!


ホントにバスフィッシングが大好きなんですね!


それにしても反町さん、カッコええですのぉ〜。


並木さんは「オレの双子の弟だよ。しかも一卵性の」と言っていましたが (; ̄Д ̄)



どーなんでしょw


ともかく次号をお楽しみに!


(コバケン)




EESがついに!



本誌でも連載を担当していただいている森本明人さん率いる

我らがエレクトリックイールショックがついに!!!!


今年のサマーソニックに出場が決定しました!!!


すげーーーっ!!! w(゚o゚)w オオー!


そりゃそうだよな

海外であれだけ評価されているのに

今まで出ていなかったのが不思議なくらい!

みなさんもチケットをゲットしてナマのEESを楽しんでみてはいかがでしょう?

詳細はコチラ

EESホームページ

クレイジーでアツい動画も見れまっせ!

ちなみに森本さん、ブログもやってますよ!

(コバケン)

反町隆史さんと!


先日、約1年ぶりに反町隆史さんに取材させていただきました!

当日は梅雨が明けたというのにあいにくの空模様・・・・。

しかし、釣りにはピーカンよりもいいでしょ!

ということでボートを浮かべてみると・・・・・。





増水&激濁り (; ̄Д ̄)




かなりタフな状況になってしまいましたが。。。。

がっ!

そこはさすがの反町さん。


やってくれましたよ!





BlogPaint

う〜ん、遠くから見ても、やっぱりカッコいいですな




なお、この模様は8月26日発売のBasser No.214で!


お楽しみに!

(コバケン)

バスアングラーを捜せ!

65

Sがついに……

cc
まだ秘密の先生のお手本とご指導の賜物で

Sが……

先月、河口湖でノーバイト・ノーフィッシュの完全試合を演じたあのSが!
bh
ビッグファイト!

あ〜、ラインつまんじゃって危なっかしい!

無事にランディングできるのか!?

請うご期待!!

JB TOP50第3戦・旭川湖

南北に長〜い旭川湖を上流から下流へ見ていきます。

g
まず、最上流から流れ落ちてきたのは長瀬けいいち選手です。
腰の黄色い物にご注目ください。

z
続きましても上流域。
秦拓馬選手が、競技時間の短い決勝の試合中に
ラバージグをタイイングしようか迷っております。

s
まだまだ上流域。
奥にいるのは田渕秀明選手。右上に架かるのは旦土橋です。
速い流れが水中の岩に当たって渦を巻いています。

333
やはりこの選手も上流域にいます。加藤誠司選手。
陸に打ち上げられているように見えますが、
激浅の逆ワンドに侵入して釣っているところです。
どうやら見つけたバスをサイトフィッシング中のようす。

5
中流域まで下りまして、ベンドのアウトサイドにある岩盤の岬。
このエリアにも流れがあり、岬の裏では流れが巻き返しています。
小野俊郎選手がフリックシェイク4.8inの1/32ozネコリグで700gをキャッチ。

7
その下流側で下野正希選手も釣りました。
遠目に見てもナイスフィッシュ。
1kgを超えていそうです。

g
中流域で特徴的な釣りをしていたのが吉田秀雄選手です。
ほとんどの選手がベンドのアウトサイドを釣るなか
浅いインサイド沖の緩やかなブレイクをスピナーベイトで探っていました。
それに追ってきたバスをスタッガーピンテールのダウンショットリグで食わせ
1700g超をキャッチ! 今大会のビッグフィッシュ賞を獲得しました。

5
地元岡山の星、小林知寛選手は7位。
惜しくも表彰台は逃しましたが、
同船したプレスいわく、その釣りはそうとうエキサイティングだったとか。
ところで小林選手は
「コバ君」「ヤシ君」「トモ君」「ヒロ君」とさまざまに呼ばれております。
どこをとっても親しみやすいということでしょう。

4
僕には「シノフサクンシアワセソウネノン」と聞こえていました。惜しいッ!
幸せそうな篠塚(シノツカ)亮選手です。
「プラでクランキングが好調だった」という話を数名の選手から聞いていたのですが
本番でハメてきたのは篠塚選手くらいだったような……。
何かコツがあるのでしょう。気になります。

8
今大会を終えて、年間タイトルレースの2位に浮上した
茂手木・キャスティー・祥吾選手のウエイイン。
勤務先のキャスティング・キッカー日本橋店で握手!

1
田渕選手と秦選手の上流域対決が決着。
田渕選手は初優勝。四国勢初の優勝者でもあります。おめでとうございます。
惜しくも初優勝を逃した秦選手ですが、ひさびさの表彰台、おめでとうございます。

詳細は次号に掲載します。(ヤマガタ)

今週も『夏』は終わらないとみた。

とある話がまさにエンドレスに続いている某アニメですが、

『とある』といえば、こちらのほうもスピンオフが放送されるようですね。

それから、故郷を求めて三千里な人狼と商人の物語も第2期がスタートしました。

某●氏も「絵面が原作と違う!」などと言わずに見てくりゃれ?
(※氏のイメージに配慮してイニシャルも伏せさせていただきます。けど、絵面が原作と違うことをなぜ知っている)



……わかる人、どれだけいるんでしょうか。

まぁ、たくさんいると思いますけど……。



「バサー部屋」なのにオマエはどこの編集部員だ? って感じですが、

これらのアニメの原作はいずれもラノベ。

ヒット作はシリーズ数百万部を売ってしまう

昨今の出版業界においてはバケモノ的カテゴリーです。



あ、ハシタクさんが最近ハマった『けいおん』は違いますよ。

これの原作はマンガです。

ちなみにハシタクさんは最終回を観て号泣したそうです。

泣くまではいきませんでしたが、僕のツボも同じでした。



と、まぁ、そんなことはどうでも、よくはないのですが、

それよりも肝心なのは「今年のオールスターではササキが司会を勤める」ということ!

編集部員のなかで、オールスターで選手に同船取材したことがないのは

編集長を除けば、僕だけ!

編集部に入る直前に、一般公募のプレスとして赤羽修弥さんにお世話になりましたが、

編集部員としても本来の仕事が、取材がしてぇよ。

コバヤシさんも、元編集部員のレツも、スイトウさんも、ササキだって取材してるのに……。



ほかのトーナメント取材はさんざんやってますけど

やっぱりオールスターは選手のテンションが高いです。

選手が口々に言うのは

「勝ったときの気持ちよさ」と「デコへの恐怖」。

それは、歴史があるとか、試合のフォーマットがどうとかよりも

「会場へ足を運んでくれるお客さんの数と熱」に比例するものだと思います。

開催日程が本決まりしたら誌面とここで告知しますので、

ぜひ今年も選手のテンションを思いきり上げてください。よろしくお願いします。

(ヤマガタ)

貴重なご意見ありがとうございます!



オールスターに呼びたい選手の書き込み、

ありがとうございます!!

バラエティーに富んだ人選、本当に参考になります。

最初のほうに書き込んでいただいた方たちが

こぞって「ハシタク」さんを希望しているのには笑いました。


やっぱり去年のウエイインショーのインパクトが強かったのでしょう!





コンソールに注目! Σ('◇'*)エェッ!? 

ハシタク1









ハシタク2

コスプレした女性をケータイで嬉しそうに撮影する橋本“自演乙”卓哉氏





そして……


ハシタク3


涼宮ハルヒのテーマに乗って登場!

ブ━(゜3゜)━ッ!!wwww


ボクは詳しく知らないのですが、

「あ、聞けばオープニングなのかエンディングなのかわかりますよ!」

とヤマガタが嬉しそうに教えてくれた・・・・。

そうだ、キミもソッチ系だったっけ……乙

今年はヤマガタがコスプレで司会をするかも! ブ━(゜3゜)━ッ!!wwww




まっ、昨年以上の盛り上がりになることは間違いナシ!




赤羽さん!

昨年、優勝を決めた1尾を掲げる赤羽修弥さん! カッコええのぅ


まだまだ皆さんのリクエスト受け付け中です!

前のコメント欄多くなりましたので、続きはコチラでどうぞ!


(コバケン)





最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ