Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2011年03月

ひさびさの八王子


震災から2週間以上経ち、

世の中は自粛ムードから徐々に

「自分のできることをしっかりやろう!」

という雰囲気になりつつあります。

いつまでも落ち込んではいられませんからね!





さて、昨日ひさびさにO.S.Pの事務所に行ってきました。

そう、4月下旬発売予定の

並木さん主演DVD「CROSS OVER 4」の

チェックを並木さんにしてもらうためです。

今回も釣りまくっています。

もちろんオヤジギャグも (*´Д`*)


26


相変わらず多忙な並木さん。

映像チェックが終わると

積りに積もった日常業務に追われていました。


相当お疲れのようす・・・・ ε=ε=(;´Д`)





もちろん、社員の皆さんも。。。


35



忙しそうですねぇ。


ひさびさに会ったコータロー君や草深さんとも

イロイロ話したかったのですが、

「お前にかまってるヒマはねぇ!」

というオーラがムンムンだったので、

早々に退散しました (´−д−;`)




ということで近況でした。 


(コバヤシ)



『アオリイカ地獄勝

今日、『アオリイカ地獄』の第10弾が搬入されました。
発売は明後日の30日になります。

img-328163039-0001


今月は地震による紙不足、搬送するためのガソリン不足、
さらには地方の印刷所の計画停電などなど
予測不能な展開に翻弄されましたが
予定どおりに
『NEO田辺道場EXTRA』
『Basser』5月号に続き
この『アオリイカ地獄勝戮眄い冒り出すことができました。

震災された方たちを思えば
3冊の同時進行など苦ではありません。
こんなときにアオリイカ釣りの本かよ……
という声もあるかと思いますが
弊社はつり人社という出版社ですから
釣りの本を出すことが仕事です。

内容は以下のとおり。
10周年記念にふさわしい超豪華本です。
(アマノ)

特集1
〜だから僕らは希望を胸に島へ渡る〜
10年目のアオリ島。
屋久島、知夫里島、沖縄本島、壱岐、対馬、生月島、神津島、大崎上島

img-328163057-0001


特集2
How abundant the variety is!
オフショアの甘い誘惑
ティップラン、スパ釣、アゴリグ、ナイトエギング、キャスティングゲーム、乗合船、カヤック、レンタルボート、ケンサキゲーム……etc

img-328163111-0001


特集3
最強のLOCO STYLE
ホームグラウンドの日常に学べ!

img-328163145-0001


和歌山県白浜沖磯/岡啓太郎×平岩孝典
沖縄県読谷海岸/金城太志郎
沖縄県辺野古/野原康人
長崎県壱岐/金丸竜児
熊本県牛深/林剛玄
長崎県平戸瀬戸/岡公一郎
愛媛県由良半島/久保田正輝
京都府伊根/平松伸章
兵庫県香住/谷泰介
和歌山県潮岬/中山光春
和歌山県潮岬/湯川マサタカ
和歌山県すさみ/二郷浩一、隅田俊明、南隆文
三重県熊野/渡辺隆敏、小川健太郎
和歌山県すさみ/吉田聡、広川嘉孝、谷本英士
大阪府泉南/藤原真一郎
静岡県駿河湾/堀田光哉
静岡県東伊豆/宮本善亘
静岡県東伊豆/新保明弘
神奈川県江ノ島/ジェイソンフェリス

NEO田辺道場EXTRA

hyousi


『Basser』で連載中の

「NEO田辺道場」が1冊にまとまりました!

明日(25日)発売です。

収録フィールドはこのとおり。

■冬

和歌山県・合川ダム
山口県・川上ダム

■春

千葉県・亀山湖
茨城県・牛久沼
徳島県・旧吉野川

■夏

福岡県・遠賀川
奈良県・二津野ダム
山梨県・河口湖

■秋

神奈川県・芦ノ湖
神奈川県・津久井湖
茨城県、千葉県・利根川
千葉県・高滝湖

全国12釣り場での23日間を網羅した完全ドキュメントです。

朝イチからストップフィッシングまで、

田辺さんの釣りが詳細にレポートされています。

釣れた部分だけをクローズアップしているのではなく、

そこに至るまでの過程も書かれています。

blog2


そして85分のDVD付き!

blog3


オールスタークラシック2010で

プラ最終日から試合終了までの3日間、

田辺さんに密着しています。

ほぼスピナーベイト1本で勝負した田辺さんのゲームをご覧あれ。

臨場感たっぷりの映像になっています。

初日の朝イチにバスをキャッチした後の

ハイテンションな田辺さんや、

ゲームが進まず苦悩する田辺さんなど、

かなりナマナマしい姿を見ることができるはずです。

(ササキ)





Basser No.233(2011年05月号)

26日発売の最新号です。よろしくお願いします。

01
バスマスタークラシックの同船取材記事が充実しています!

スキート・リース
テリー・スクロギンス(ただいまエリート好調!)
ゲーリー・クライン
トミー・ビッフル

そして

清水盛三さん!! フロム・ジャパン・オオサカ!!
02
03
アメリカでも、日本とまるで同じようにファンに愛されているモリゾーさんも印象的でした。



第2特集は春のハードベイト
04

関和 学さん
庄司 潤さん
森田哲広さん
小森嗣彦さん

このなかにひとり、取材時の状況とハマったパターンが
クラシックでのKVDに近い方がいます!
ロケーションが同じではないにしても、キーとなる言葉はまるで同じだったりして
ドキリとしましたよ。作ってるほうとしては。

道場はワカサギパターンがテーマ。
先生はオリキンちゃんこと折金一樹さんです。
05


(ホリベ)

祈りとお見舞い



地元山形の人的被害は最小限ながら、

東北出身で被災地に親類縁者の多い自分にとっては……

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、

長期の避難生活を余儀なくされている方々に心からのお見舞いを申し上げます。

編集部一同、そして筆者、カメラマン、デザイナー等の関係スタッフも、

皆同じ思いです。

(ホリベ)

電車は復旧しつつあるけれど・・・・



みなさん、大丈夫でしょうか・・・

都内の電車は徐々に復旧していますが、

乗ったとたんに余震で止まると困るので、

結局、会社待機中。。。

東北地方は大変なことになっていますね。

ユーストでテレビの報道を観ていますが・・・

怖くて寝ようにも寝れません。。。

僕が住む千葉県も多くの被害が出ているようです。。。



不安ばかりです。。。

皆さん、大丈夫でしょうか・・・・



大変なことになってしまいました。。。

都内のJRは今晩動かないとのことなので

ムリに徒歩で帰らずに会社で待機することにします。

会社から家まで40キロ以上あるので・・・

ムリして帰ると二次被害の可能性もあるので。

皆さんも絶対に無理をしないでください。

そういえば、北浦の鹿行大橋が落下したらしいです。。。

関係者の皆さん、とりあえず編集部員は全員無事です。


もうこれ以上、被害が拡大しないように・・・・・


(コバケン)

強く揺れました。

編集部内もいろいろ崩れています。

近くのビルは縦に亀裂が走りました。

皆さんがお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

お怪我はないでしょうか。

(ホリベ)

リック・クラン……

夜のバーボンストリートを歩いていて、

雨貝さんが「お、リックも飯食いに来てるよ」と言ったので、

そちらを見たのですが、人混みのなかで誰がリックなのかわかりません。

写真では見慣れていても、実際に目にすると白人の顔の区別は難しい? のかも……

「えと、どこにいるんですか、健太郎さん」

「ほら、そこでしゃべってる……」

「あ、リックだ。顔だけは……」

「釣りしてないときはただのオッサンだよ(笑)」

ガーン

イマジンブレーカー発動です。

WT-kvdclunn_576
photo by B.A.S.S.

この幻想はぶち壊されました。

勝利の美酒に酔いしれすぎたバンダムを見たときもそうでした。

けど、ファンです。ふたりとも。

酔ったバンダムに落書き気味にサインされたプレスカードは宝物です。

ホントは読者の皆さんのプレゼント用に

メディア用のガイドブックにサインをもらいに行ったんですけど……。



あ、でも2位(クラシック4回目)だったアーロン・マーテンスからは

プレゼント用にサインをもらいました。

試合終了直後だったので「2nd place」の文字入りで。

「僕がクラシック2位のサインを書くのはコレが最後だよ」

つまり、「次こそは勝つ」と言ってました。カッコえぇ。



ブログに書いたので、このままチョッパることはないでしょう。たぶん。

(ホリベ)

亀山湖で花粉大量吸引


 先週末は亀山湖で小森嗣彦さんを

取材させてもらいました。

DSC_1741

3月4日の亀山湖。
写真には写っていないですが花粉だらけです(イメージ)。


(ブログに書いた花粉症アングラーは小森さんのことでした)

小森さんはマスク×鼻栓×薬で

花粉を徹底シャットアウトしていたのですが、
(僕も次からまねします)

「写真撮るんでマスクも鼻栓も外してください」

と血も涙もないひと言を掛けねばならず、

胸が痛みました……。

ちなみに、鼻栓は青木大介さんに教えてもらったそうです。



当然、むずむず&クシュンな、

タフな(身体的に)釣りになりましたが、

さすが小森さん、

キッチリ釣ってくれました!

詳細は3月26日発売の『Basser』をご覧ください。

(ササキ)
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ