Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

2015年01月

ジャパンフイッシングショー2015 つり人社ブース イベントのご案内

雨貝健太郎さんトークイベント


[D-58]ブースにて


●1月31日(土)
1回目 11:00〜11:30
2回目 14:00〜14:30

●2月1日(日)
1回目 11:00〜11:30
2回目 14:00〜14:30

 「トーナメント観戦のプロ」としてBasserに寄稿して20余年、B.A.S.S.選手や運営からの信頼も厚い雨貝健太郎さんのトークイベントを開催します

 テーマは氏の専門である「米国プロツアーについて」


h

 試合同船やインタビューを通じて数々のプロに接し、幾多の名場面に立ち会ってきた雨貝さんだから話せる内容にご期待ください

 年に一回、帰国するかしないかの、日本ではかなりレアなライターさんですので、質問などがありましたら、この機会に本人に聞いてみてはいかがでしょうか

 Basser最新号に掲載されているSUPボード等、トーナメント以外の質問にも気さくに答えてくれると思います

j
宿で執筆中の雨貝さん。この姿勢が一番集中できるのだとか

l
トミー・ビッフルと。このB.A.S.S.きってのフリッパーにも雨貝さんは複数回同船取材しています。間接的にビッフルのアレコレが聞けるかも?

w
バスマスタークラシックで清水盛三さんと。盛三さんは今年のクラシックにもクオリファイしていて、雨貝さんかBasser編集部員が同船取材予定です。試合中の盛三さんも、いつものあのノリなんでしょうか?

どんな話が飛び出すかお楽しみに!


img-129110300-0001















雨貝さんトークショー、青木大介さんイベントの場所はこちらです

(ホリベ)

ジャパンフイッシングショー2015 つり人社ブース イベントのご案内

1/30(金)14:00〜2/1(日)みなとみらい・パシフィコ横浜にて開催されます

ジャパンフィッシングショー2015にて

つり人社ブースを出展致します

雑誌・書籍・DVD等の新刊はもちろんのこと、人気商品もご覧いただけます

さらに会場内で物販もしておりますので来場されましたら是非、当ブースまでお立ち寄りください。スタッフ一同お待ちしております

また会場限定のイベントも用意致しましたのでご案内させていただきます。


[S-07]ブースにて


◎会場限定!豪華景品が当たるスピードくじ
イベント期間中に、つり人社刊行物(雑誌・書籍・DVD)をお買い上げいただいた方が対象のスピードくじを開催します。

◎青木大介さん来場イベント
1/31(土)12:00よりつり人社販売ブースに青木大介さんが来場します

関連商品をお買い上げいただいた方に青木さんサイン、さらにDstyleオリジナルブッズを差し上げます

数に限りがございますのでお早めにお越しください

実施時間は30分程度を予定しております

アルバイトスタッフ募集のお知らせ

弊社の社名にもなっている月刊つり人は
戦後間もない1946年に創刊した、日本で最も歴史ある釣り雑誌です。

自然の中で楽しむ釣りは、人々に癒し、安らぎ、希望、感動を与えてくれます。
現在はつり人含む月刊誌4誌、ムック、書籍、DVD制作、ウェブ制作など、
さまざまな媒体で釣り情報を提供する総合出版社です。

私たちと一緒に、釣りの魅力をひとりでも多くの人に伝えていきませんか? 
そして、自らの生活に釣りを取り込み、豊かなフィッシングライフを送りましょう!

業種  
雑誌、書籍、DVD等の出版・販売
職種  
編集アルバイト
仕事内容   
・雑誌の編集製作
    ・雑誌広告打合せ
    ・ウェブ制作
    ・動画制作
     その他、上記に係る事務全般
賃金等
時給900円
雇用形態
アルバイト
勤務予定地
・東京本社ビル

勤務時間
月曜〜金曜 10:00〜18:00(残業あり)
※週5日勤務可能な方
応募方法
下記住所に、履歴書(写真付)をご郵送ください。
書類選考の上、通過された方のみ、面接のご連絡を差し上げます。
※応募書類は返却致しません。
応募書類郵送先 〒101-8408 東京都千代田区神田神保町1-30-13
    株式会社つり人社 総務部採用係
問合先 03(3294)0799  【平日10:00?17:00】

ワイルドサイド(レジットデザイン)、いよいよ……!!

新進気鋭のロッドメーカー、レジットデザインが手掛ける
オリジナルロッドシリーズ「ワイルドサイド」が
名古屋のザ・キープキャストでいよいよ一般公開されます
08


メーカーとして「新進」と書きましたが
同メーカーでデザインを手掛ける2名は、いずれも経験豊富なベテランで
ロッドという釣具とロッド作りに対しての
深い造詣と愛に溢れている方です
02

詳細はホームページをご覧ください


キャスティングモデル
01
WSC64L “Bait Finesse”
WSC67L+ “Bait Finesse”
WSC66ML
WSC66M
WSC610L “Bait Finesse”
WSC610M
WSC610MH
WSC72MH
WSC72H
WSC72H+

以下、室内で触らせてもらっただけのインプレですが……

キャスティングモデルで一番に感じたのは「しっかり感」でした
「身の詰まっている感」があるといいますか……

実際にはチューブラー(中空構造)なのですが
主・副(補強)材の相乗効果とテーパーデザインの妙なのだと思います

たとえばファストアクションにしても
極端な偏りのないテーパーデザインが施されているので
ティップを曲げただけで、連動してベリーからバットのパワーも感じられるような
底の深い反発力が強く印象に残りました


スピニングモデル
03
WSS-ST61UL “Solid Tip Model”
WSS-ST65L “Solid Tip Model”
WSS61UL
WSS61L
WSS69L+
「WSS61L」、ほしいです
迫りくる車検、自動車税、今年はアパートの契約更新もあるから無理か?(笑)

「WSS61L」は、いわゆるバッシンスピン
今どきの超ライトリグにはたぶん対応しませんし、ベイトフィネスの領域とも一部カブるパワーレンジのロッドなのですが
それでも「ライトリグは基本、スピニングタックルで!」という方にはうってつけの一本だと思います

それと、これこそ個人的意見なのですが
レジットデザイン・ワイルドサイドの特性を知るには、スピニングならまずこの一本ではないかと

スピニングモデルは全般にシャッキリしていますが
キャスティングモデル同様「身の詰まっている感」もあり
かと思えば超高弾性のようなバリッ、キンキンな感じもあり
でも思い切り曲げても不安感がない
早く魚を掛けてみたいロッドです


こんな試作品も見せてもらいました

グラスコンポジットのムービングベイト用
05
CMC68ML(試作品)
CMC68M(〃)
CMC74MH(〃)

06
これらに関しては「あくまでも試作品なので、見た目も番手もこれからまったくの別モノになっていくかもしれません」とのこと

6ft3in〜6ft4in、M〜MLパワーの、シングルハンドで振り切れるグラスコンポジットもほしいなァ〜

(ホリベ)

Basser最新号です! よろしくお願いします!

img-123104811-0001


Basser No.279
2015|3

contents
018 Angler’s cold water challenge!!
特集_ド根性で挑んだ14人のラスバス・初バスドキュメント
津留崎健=写真
020 小林知寛×亀山湖/初バスはシャローで釣る? それともディープ?
1
10年ぶりの亀山湖で向き合う永遠の二択 津留崎健=写真

028 山田祐五×琵琶湖北湖/北湖開幕! 金澤一嘉=写真・文
2

034 トッパーのラスバス・初バス事情/松本光弘、明石光正 金澤一嘉=写真・文
3

038 冬のフローター事情 結論から言うと寒くない! 普通に釣りしてます!
4
金澤一嘉=写真・文 藤井将之=写真提供

041 全員釣ったゾ!! 9人の2014-2015ラスバス・初バス挑戦記
5

060 編集部ガチンコバトルin利根川
068 赤羽修弥×霞ヶ浦/最新シャッド&タックル事情 西義則=写真・文
073 田中大介&足立貴洋×菊川湖/1月5日、水温9.6℃のワカサギレイクで連発初め
西義則=写真・文
078 フカシンガッツ! 深江真一のラスバス・初バス フカシン応援団=写真
082 帰国中ぶらり連載 イヨケンのCar Top! Go Top! 第5回:高滝湖(千葉県)
088  A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文
090 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文
092 成田紀明のボートバカ一代 成田紀明=写真・文
092 B級ルアー列伝 Dab=文
092 釣り好き、モノ好き 西義則=写真・文
094 ルアービルダーという生き方 三浦修=文 福原毅=写真
096 ヒッパレ! ダイスケ! Hit! parade on the water 北大祐=文
099 今月の読者プレゼント。 石川正勝=写真

100 魚探戦争 雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾=写真
7

118 アマケンのUSAパドルフィッシング日記 雨貝健太郎=文 なににぬこ=写真
8

118 Inside His Box/H-1グランプリAOY福永悠野さんのボックスを見たい!
9

122 モノの舞台裏 石川正勝=写真
126  Basser Best Buy 石川正勝=写真

132 NEO田辺道場 Episode68:奈良県県/津風呂湖 大森忠明=写真、西義則=文
140 利根川水系徹底攻略Vol.11/並木敏成×利根川

148 バサー放課後の部室 金澤一嘉=構成
153 村川勇介 目指せ! リーマンアングラーの星!
154 小森嗣彦 小森ノート
156 フィッシュトリップのオススメツアーを紹介!
ゲーリー・ヤマモトが運営するリゾート「THE INN AT B K RANCH」とは?
162  KOTA KIRIYAMAのIf they can do it, I can do it! 桐山孝太郎=文
163 痴虫・松本のチム史 金澤一嘉=写真、松本光弘=文
163 釣りに行くヒマがあったら読む本 シルチョフ=文
164 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文
166 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文
167 日釣振ニュース
168 升先生の釣り人環境学 升秀夫・吉田幸二=文
170 バサー新聞
174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
176 B情報局
178 編集後記

「けっこう釣れてるなァ」
「寒いけど、釣り行ってみようかな?」
と、冬の釣行に向けて勇気をもらえる内容になっています


ちなみに僕(ホリベ)とササキはすでに初バスをクリア!

アライは去年のラスバスがストライパー(ストライプトバス)で
TDバイブ・タイプRのシミーフォールがヒットパターンとのこと

「前号で、宮崎友輔さんにインタビューして書いた記事の内容を自分で試したくて
宮城アングラーズヴィレッジに行ってきました」とアライ

そのパターンでキャッチしてシミーフォールに自信を深め
編集部対決でTDバイブ・タイプRをシャクりまくった結果は……


今月号もよろしくお願いします!

(ホリベ)

今月の成果

徹夜で原稿を待ってる間に

フック交換完了

サボってるんじゃないんです。どうせ頭が回らないから仕事にならない

だったら時間を有効利用しよう(釣具をイジろう)、と

DSC_0702

3

まとめて一気にやりました



実は去年、春からこの冬までずーっとウイグルワートを多投していました

釣り場も季節も状況も関係ナシにウイグルワートウイグルワート

釣り=編集部対決、というくらい今は釣行日数が減ってしまっているのですが
それでもウイグルワートで1尾も釣れないとは……

まァ、たまたまだと思います。さすがにゼロってのは



そういえば以前、「何もかもPEラインでやってみる年」なんてこともしてみまして
意外によかったのが、0.8号くらいのPE(直結)でやるシャローのジグヘッドワッキー

逆に意外なほどまったくダメだったのが、太いPEの巻きモノ(ロッドはグラスを多用)

コレはなぜか本当に釣れませんでした。バイトが激減した

ただ、巻きモノロッド+PEのタックルを毎回持って行っていたのでトップを投げることが多くなり
その年は浮き角が水平〜45度のデカめペンシルベイトでよく釣りました

「オープンウォーターでトップに出すには飛距離が超重要!」

「遠距離の操作性とフッキングはPEスゲェ!」

当たり前に言われていることですが、実感できたのは大きな収穫でした



去年はウイグルワートとジグの年にしたので
今年はシャッドラップとテキサスリグをたくさん投げてみます

……やっぱりジグなしは無理かも……

(ホリベ)

去年の今時期のBasserを読み返してみよう

たとえば去年の1月末〜2月頭の取材内容が掲載されている

2014年4月号

関和さんが利根川のオカッパリでLBローラーでいいバス釣ってる!
F

という感じで、毎号ご愛読いただいている方は

Basserのバックナンバーをペロッと開いてみたら旬のヒントが必ず見つかるはずです

たまにご愛読いただいていて

バックナンバーに興味がおありの方は定期購読をご検討ください

特典として、過去約2年分のバックナンバー(デジタル版)もご覧いただけます!

よろしくお願いします

(ホリベ)

初バス釣りました!

'14ラスバスを相模湖の編集部対決で釣って、
'15初バスも利根川の編集部対決で釣りました! ……勝敗はさて置き

次号のBasserでラスバス・初バスに挑んでくれた皆さんが
超高確率で釣ってくれたので、かなり勇気づけられました

水温4℃でも釣れる!

利根川で1月9日に投げたルアー
15
左から、ライブXリヴァイアサン、ウイグルワート、バイオレータージグ(+ビッグダディー)、TDクランク(一番小さいヤツ)、ソウルシャッド
今まで1月に釣ったことがあるルアーしか投げませんでした

ほかに1月に釣ったことがあるルアーって……

ガードスピンジグ+スタッド
O.S.Pジグ01+ポークフロッグ
キャリラバ+ベビーギドバグ
ドライブクロー・テキサスリグ
レッグワーム・ダウンショットリグ
ベビーシャッド
プロップマジック
スプーンX+シュリルピン2in(12月末だったかも)
バイブラシャフト(〃)
シャッドラップ(カンツリ)
スカッドミノー(〃)

……記憶に残ってるのはこれくらいしかない
しかも、ほとんど1尾だけの釣果

それでも冬に釣れたルアーは全部とっても信頼してます
スプーンXとか、もう予備のボックスにも残ってないですけど

(ホリベ)

水野浩聡さんの「デラ」シリーズ第2弾はミニバズ!

百均とかで売ってるSサイズタッパー
09

入ってるのはバズペラかと思いきや……
10

組みあがってる状態のミニバズが出てくるわ出てくるわ
11
バズベイト好きで、いいミニバズを探していたササキが猛バイト!

小さいケースに8個も入ってた!
12
拡大してご覧いただくと、トライアル&エラーを繰り返していることがよくわかるかと

昨年の暮れの時点でトータルバランスが一番優れていたプロトタイプ
13
クラッカーなしで高い直進性を実現しており、浮上の早さや飛距離も充分に合格点を超える出来とのこと。
めっちゃ釣れそう

もっともペラサイズが大きかったのがこちら
142
飛距離に難あり。でも、水野さん的には捨てがたいバランスなのだとか。使う人のキャスティングスキル次第では、釣果的に上の優等生を超える設定……?

それでなくてもバランスを詰めるのが難しいワイヤーベイト
「ミニ」となればなおさらです
08
「落としどころ」がどこになったのか
フィッシングショーで水野さんご本人に聞いてみるのも面白いかもしれません

「デラ」シリーズ第2弾の完成に期待です

(ホリベ)

吉田秀雄さん(HIDEUP)注目の新作、復刻作

昨年末、吉田秀雄さんが編集部に遊びに来てくれました
01
手もとに注目。巻いてますw さすが秀雄さん

スイムベイトの草分け的存在、スタッガーオリジナル(旧ブルーザー)
02
3.5inは昨年のオールスタークラシックでビッグフィッシュ賞に該当したバスのヒットルアーになりました。が、発売は未定。サイズ的に待ち望んでいる人が多いと思ったので、発売を強くお願いしておきました

その3.5inではないのですが、スタッガーオリジナルにワンサイズ追加されます
03
デカいほうです。これもファン待望のサイズではないでしょうか。エサのサイズが大きいとき、大きいバスをねらいたいとき、出番は多いと思います

JB TOP50桧原湖戦でウイニングルアーとなったスタッガーワイドツインテールも新サイズが展開されます
04
スモラバのトレーラーにセットしたらひと味違ったアクションが出せそう。ギルパターンに試してみたいです

コイケ(濃い毛)
05
素材と型を一新してリニューアル。以前はハードマテリアル製でしたが、コレは通常のワームに近い。「ファジーで何だかわからない物体」感が増してます

コイケのセット例。ワイドツインテールのテキサスリグ
06
ボリュームアップと引き抵抗の増強、浅いほうでのレンジコントロールもしやすくなりそう。クロウ系と組み合わせれば、すり抜けのいいラバージグふうにも使えます。釣れそう

ライズバッカーR
07
ヴァイパーデザインの名作を復刻。中古屋さんでも玉数が少なくなってきていたので、愛用者には嬉しいのでは?

HIDEUPは今年、名古屋キープキャストに初出展するそうで
会場限定カラーの販売などが企画されているようです

詳細はHIDEPUホームページと秀雄さんのブログで

(ホリベ)
最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ