関和学さんがウォーカーウォーカーの新作を持って会社に来てくれました。

ん? 前に見せてもらったプロトタイプよりデカくなってるような……。

「ベイトタックルでのキャスティングにも対応するように、ちょいデカく、重くしたんですよ。
よく飛ぶってことは、ショートディスタンスでのアキュラシーもばっちり。
ノーシンカーでもカバーに入れられます。
それより何よりロールを伴ったスライド幅の広さに驚いてください。
オーバーハングの奥へ奥へ滑り込ませることができますし、
その動き自体が釣れるアクションなんです」

sekiwa_003
ツメを含む長さ8cm、12.5g。太軸のフックをセットすれば1/2ozくらいの重さになるはず。これならノーシンカーリグでもベイトタックルで充分に扱うことができる。ベイトタックル1セット派のオカッパリアングラーにとっては切り札的ソフトベイトになるのでは?

sekiwa_002
裏側です。横方向に切ってある溝(リブ)がロールを生むと見た。ハリもちもよく、切れにくいそうです。

「オカッパリで行こう!」の担当者という贔屓目を抜きにしても、
「H2」の釣れっぷりにはかなりお世話になっているので、
この新作もかなり期待大です。

ウォーカーウォーカーのルアーは何がスゴいって、
全国各地、どこのフィールドでも効くところ。

バスプロと呼ばれているアングラーのなかで、
関和さんほど数多くのフィールドでオカッパリのガチンコ取材をしている人はほかにいません。

その経験がフィードバックされているからウォーカーウォーカーのルアーは釣れるんだと思います。
それにしても「オカッパリで行こう!」では、北は山形から南は大分まで、
ホントいろんなフィールド(30ヵ所以上)に行ってます。
それも名前が公開OKのメジャーフィールドばかりなのに、
ぶっつけ本番でよく釣れるもんです。(ヤマガタ)