昨日、ササキといっしょに霞ヶ浦へオカッパリに行ってきました。

本湖(石田〜玉造)と流入河川(新川・恋瀬川・園部川)と、

けっこう広い範囲を巡って5尾。

個人的には大満足な釣果です。

44cm(ヒレボロ)・1300g(本湖の水門)メタボック + キロフックハイパー♯4/0
42cm・1200g(川のアシ)ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
39cm・1000g(川のアシ)ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
33cm・ 700g(川の岸際)ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
25cm・ 300g(本湖のアシ)ゼロワンジグ14g + ビッグダディー
計  4500g

ところで、「哀・カメラマン」ササキが休みなので、今日アップできる写真はこの1枚だけです。
kf
川で釣った700g。実際のサイズ(33cm)以上に大きく感じる、コンデションのいい魚でした。
ロッド:TAV60CMJ/リール:TD-Z105HL/ライン:スーパーFCスナイパー14Lb/ルアー:ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
コータロー(川村光大郎)先生の言う「落ちパク」が体験できました。

「型の本湖、数の川」という普段どおりの霞ヶ浦でしたが、
オカッパリからねらえるシャローのバスに限れば
川のほうが魚のコンデションは断然よく、どのバスもパンパンに肥えてました。

なので、僭越ながら申し上げます。今、岸からねらうんなら川! です。
アシの水面下に目をこらすと、デカエビとデカゴリがいっぱい張り付いてました。
きっとバスに美味しく「食」されていることでしょう。

一方、ボートでは、沖の各所で固め釣りも成立しているようです(難易度高し。たとえば僕なんぞには実現不可能なパターンですけど)。
そういうエリアで釣れるバスは何を「食」べているんでしょうか。

26日発売の次号は、そんな秋バスの「食」をテーマにお届けします。(ヤマガタ)