ポークを仕込んでみました(ちょっと自分流にアレンジしてますけど)。



1. 保存液をしっかり洗い流す。

2. ポークフレックスを直にぶっかけ、もみ込んでラップする。

3. 室温で30分〜1時間放置。室温は高いほうが軟化が早く進みます。

4. 硬さをチェック。

5-1 OKならポークフレックスをしっかり洗い流して完成。

● ここまでは相羽さんに教えてもらったとおりです。

5-2 まだダメなら飽和するまで濃いめに溶かしたポークフレックス液を作り、
   それにポークを浸して70℃くらいのお湯で「湯せん」30分〜1時間。
   デロデロになっても責任は取れませんので10分に1度は必ずチェック。
   それから、中学生のころにポークをぐつぐつ煮込んだら、
   当然のようにガチガチになりました。熱湯はダメよ。


※ポークも水温ひと桁台の冷水では若干、硬くなりますので、
 気持ち軟らかめに仕上げておくと、現場で好みの状態のものが使えます。

p
スーパークローの「当たりビン」を引いたようで、3個(右)とも1.5〜1軍豚になりました。

昨春にダメ豚だった2個(左)も、トンカチでガンガン痛めつけたあと、薄めに作ったポークフレックス液に浸してひと夏を越したところ、すっかり忘れたころに使える状態になってました。



今日(12月28日)、このポークで今年のラスバスを釣ったはず!(書いてるのは12月26日です)。

(ヤマガタ)