今朝方のブログを見た、とある方から

「編集部のブログを私物化しちゃマズいんでねぇの?」

というような指摘をいただいたのですが、

なんのことやらさっぱり。

ただ「新刊の紹介」をしただけなのですが……、???


さて、


次号の編集作業で自分が脱稿(とりあえず原稿を書き終えること)したあとに

「一部」執筆陣の原稿を待ちながらしたことといえば、

10年ぶりにまとめてポークを仕込んだのと(次に仕込むときは40歳か?)

昨年末のセールで買い込んだラバージグのトリミング。

j
刈り込めば当然、ラバーの量は減るのに、そうしたほうが膨らんでデカく見えます。これは水中でも同じ。かつシルエットがボケます。

j2
トレーラーにセットするポークは、ワームと違って透明感とは無縁なので、ラバーのほうはこれくらいスカスカしてたほうが効くこともあるのかも。



自分の場合だけかもしれませんが、

同じくらいのウエイトのほかのジグと同じ使い方をしても

エーキンスジグだけが釣れることを何度か経験して、これはなんなんだろう、と。


●ただカバーに入れて、揺すって、止めてるだけなので、

ヘッド形状やアイポジションが原因ではなさそう。


●カラーか? とも思ったのですが、

色もそんなに差がでることが何度もあるような要素ではなさそう。


●ラバーの質。これはありそう。

よく使うジグにシリコンラバーの物は少ないので。


●ラバーの量。これもありそう。

エーキンスはラバーをケチってるのかと思うくらいスカスカだし。



……そういえば、橋本卓哉さんや相羽純一さんや川村光大郎さんのジグは、

刈り込まれたラバーがピンピン跳ねて、キレイにまとまってくれなくて
(個人的に「跳ねラバ」と呼んでいる現象)

撮影するとき、いつもイラっと、ムカっときて

「あ"〜、もうッ! いい加減にしろ●●●●(●)の跳ねラバッ!」
(人に恨みはありません。むしろ非常にお世話になっております)

と、叫びながらラバーに煮え湯をぶっ掛けたり……。
(ちょっとしんなりさせるために、です)



じゃあ、自分もエーキンス以外のジグのラバーをすいてみるか、

と試したところ、これが何やらビンゴっぽい予感。釣れる。



フレアする早さとか、単純にボリュームとか、トレーラーとのバランスとか

ラバーをすくことで変わる要素はさまざまでしょうけれど、

どうやら同じジグでも、まんま使ったほうがいいときと、

すいたほうがいいときがあるのはたしかなようです。



そうなんです。まんま使ったほうが釣れた経験もあるのに、

あまりにも原稿待ちの夜が長かったせいで、

持ってるジグのラバーを、全部チョキチョキやってしまいました。

もうチョキチョキするものがありません……。



こんな長文を書くのも、今まさに、今もまだ、手持ち無沙汰でいる証拠。

本当にお願いします、「ごく一部」の執筆者の方。(ヤマガタ)