バスを釣ることを「バッシング」なんて誰が言い出したのか……。

うちの先輩編集部員だったらヤだな。

センスのカケラも感じられないと思うのは僕だけでしょうか。





「ウインターバッシング」です。

こんな言葉があったということは、きっとひと昔前は、冬にバスを釣ることがよほど特別なことだったのでしょう。



僕も地元山形で弊誌(※幣誌は誤字・恥)を購読していたころは

12月下旬から3月いっぱいにバスを釣ったことがほとんどありませんでした。

1月にバイブラシャフト(3/8ozのタンデムウイローのホワイトチャート)で1尾と

2月にキャリラバ(3/8ozのブラックブラウン) + ベビーギドバグ(赤と緑のラメが入った汚い色)で1尾。

記憶にあるのはそれくらいです。



だいたい東北の湖沼は、冬になれば湖面に立てるくらいガチガチに凍るし、

その上に雪も積もるし、釣りがまったくできなくなります。

そういう意味では、いくらタフだとはいえ、関東以西のアングラーは恵まれていると思います。

とりあえず、水の中にルアーを入れることはできるし、

場所さえ大きく読み違えなければ、なんとかなるときは、なんとかなってしまいます(なんともならないときは、なんともなりませんけれど)。



冬に他魚種の釣りを楽しむのもいいですけれど、

東北出身の僕としては、冬もバスを釣れることが楽しくて仕方ありません。(ヤマガタ)