南北に長〜い旭川湖を上流から下流へ見ていきます。

g
まず、最上流から流れ落ちてきたのは長瀬けいいち選手です。
腰の黄色い物にご注目ください。

z
続きましても上流域。
秦拓馬選手が、競技時間の短い決勝の試合中に
ラバージグをタイイングしようか迷っております。

s
まだまだ上流域。
奥にいるのは田渕秀明選手。右上に架かるのは旦土橋です。
速い流れが水中の岩に当たって渦を巻いています。

333
やはりこの選手も上流域にいます。加藤誠司選手。
陸に打ち上げられているように見えますが、
激浅の逆ワンドに侵入して釣っているところです。
どうやら見つけたバスをサイトフィッシング中のようす。

5
中流域まで下りまして、ベンドのアウトサイドにある岩盤の岬。
このエリアにも流れがあり、岬の裏では流れが巻き返しています。
小野俊郎選手がフリックシェイク4.8inの1/32ozネコリグで700gをキャッチ。

7
その下流側で下野正希選手も釣りました。
遠目に見てもナイスフィッシュ。
1kgを超えていそうです。

g
中流域で特徴的な釣りをしていたのが吉田秀雄選手です。
ほとんどの選手がベンドのアウトサイドを釣るなか
浅いインサイド沖の緩やかなブレイクをスピナーベイトで探っていました。
それに追ってきたバスをスタッガーピンテールのダウンショットリグで食わせ
1700g超をキャッチ! 今大会のビッグフィッシュ賞を獲得しました。

5
地元岡山の星、小林知寛選手は7位。
惜しくも表彰台は逃しましたが、
同船したプレスいわく、その釣りはそうとうエキサイティングだったとか。
ところで小林選手は
「コバ君」「ヤシ君」「トモ君」「ヒロ君」とさまざまに呼ばれております。
どこをとっても親しみやすいということでしょう。

4
僕には「シノフサクンシアワセソウネノン」と聞こえていました。惜しいッ!
幸せそうな篠塚(シノツカ)亮選手です。
「プラでクランキングが好調だった」という話を数名の選手から聞いていたのですが
本番でハメてきたのは篠塚選手くらいだったような……。
何かコツがあるのでしょう。気になります。

8
今大会を終えて、年間タイトルレースの2位に浮上した
茂手木・キャスティー・祥吾選手のウエイイン。
勤務先のキャスティング・キッカー日本橋店で握手!

1
田渕選手と秦選手の上流域対決が決着。
田渕選手は初優勝。四国勢初の優勝者でもあります。おめでとうございます。
惜しくも初優勝を逃した秦選手ですが、ひさびさの表彰台、おめでとうございます。

詳細は次号に掲載します。(ヤマガタ)