取材が終わりまして粛々と原稿を書いております。

さて、世間はお盆休み真っただ中で
バスフィッシングシーズン真っ盛り。

次号取材では僕が撮影した分だけでもこれだけいいバスが釣れております。



まずは「オカッパリで行こう!」
1
関和学さんをTOP50でも釣ったばかりの旭川へ強制連行したら
「シャワーブローズ」が炸裂! ちなみにトーナメントウォーター内での出来事。

2
そんでもってスペシャルゲストの小林知寛さんもガツン!
旭川を「庭」と言うのも納得のぶっとい1尾を
「8inヴェイン」のネコリグで釣ってくれました。



オカッパリ取材をもう1本。
川村光大郎さんは「ダイビングフロッグ」縛りで水郷巡り。
3
1日取材ですが「確実に45cmは超えてみせます」との宣言どおりにキャッチ。

その気になればカスミ水系で毎回このサイズを釣れるっていうんだから
トンデモナイ人です。

それだけ自信をもっている理論と技は発売してからのお楽しみ。



霞ヶ浦でのオカッパリ取材(?)をさらにもう1本。
4
ビミョーに取材中の釣果ではないのですが
U田さんがガルプ5inワッキークローラーのネコリグで釣りました。
「キャットフィッシュが釣りたい」と言いながら3尾のバスをゲットって……

お手本に、同じルアーで同じリグで、僕がキャットを3尾釣ったのですが!
「いいな〜」とか言われたのですが!
……敗北感でいっぱいでした(涙)。



続きまして「免許仮伝」は
講師に赤羽修弥さんをお迎えしてのテキサスリグ道場です。
5

6
昨年のオールスタークラシックをノーミスで制した
赤羽先生のテキサスリグに迫ります。

実践篇は霞ヶ浦で船中14尾という好釣果でした!

7
ふた桁サイン?
ササキも余裕の表情で飯を食っております。



ではでは、あと2週間ちょっと発売になる
「Basser10月号」をよろしくお願いします。

(ヤマガタ)