決勝の朝イチ

2投目で700gくらいありそうなスモールをキャッチ。

1

2
嬉しそう。

ところで福島さん、前日は月島の西側を釣ってませんでしたっけ?

「プラで手応えがなかったので、日替わりでいろんなエリアで釣りしてるんですよ。今日、ここ(狐鷹森の岬先端付近のディープ)に入ったのも、スポーニングエリアが近くて水通しがいいから、(アフター回復系のスモールが)いるかな?ってくらいの感覚です。いてくれてよかった」と福島さん。

連日の綱渡りながら、的確に状況を読んで3位に入賞したわけですね。

3
決勝では、本人も驚くほど、いいサイズのスモールしか釣れませんでした。

しかも、ジワリジワリとながら、入れ替えてスコアが伸びていきます。

最終的に同じスコアになるにしても、気分的に乗ってくる展開です。

4
いい感じでロッドがしなって良型スモールの引きを吸収しています。

「切れる気がしません」と福島さんが言うバスザイルRとの組み合わせで

ノーミスでした。

が、こんなロッド↓ タクティクスにもヘラクレスにもなかった気がします。

5
実はコレ、ソルトのライトゲーム用で

スペックは下記のとおり。

PSSS-610S
リンバーティップ
Length:6’10”
Rod Weight:60g(軽ッ!)
Casting Weight:0.1g〜4.5g
PE Line:0.2〜0.4(号)
(Fluoro Carbon 1.5〜3lb.)

いかにもスモールのライトリグにもマッチしそうなロッドです。

シャープなソリッドティップは食い込みがよく、

また、魚を掛けるとパラボリックにベンドして引きを吸収するので、

口切れしたり、ラインが切れたりしてバラすことを防いでくれます。

ファイト(軽負荷)中のベンドです。
6
バットも軽く入って、ブランク全体が機能してます。

それにしても、本当にソリッドとチューブラーが継いであるんでしょうか。

キレイな曲がりです。

小さめハードベイトにもよさそうなロッドでした。

ホリベ