ササキです。

7月末に、「ロックフィッシュ地獄6」(年内発売予定です)の取材で

石川県・能登半島に一泊で取材に行ってきました。

初日の取材後、けっこうな空き時間があったため、

近くにあったリザーバーへ。

雰囲気はいいけど、釣れるの?

と眺めていると、出船直前の2人組(たぶんトッパー)を発見。

「ココってバス釣れるんですか?」

「まぁまぁ釣れるよ」

「そうですか。とりあえず1尾釣りたいですねぇ」

「は?兄ちゃん何言ってんの。まじめにやればいくらでも釣れるよ。

ワームなんか使った日には100尾でも釣れるよ。30〜40cmくらいでサイズは

小さいけどな」

なぬ! しかも30〜40cmって、僕的には充分なんですけど……。

アングラー殺しの煽り文句にワクワクしながらオカッパリでキャスト開始。



おい、釣れねーじゃん。


でも、スピナーベイトで岸際を探るのを30分くらいでやめて、

4inカットテールワームのダウンショットリグに替えたら釣れました。

こんなのが↓

DSC_0366



とりあえず、

「30〜40cmが100尾釣れる場所でゼロ」は避けられてだいぶ安心。

そのあとシャッドやクランクで沖を探ると、

なんかいろいろ沈んでいるらしく、

30cmくらいのがポロポロきました。

たしかによく釣れます。


陽が傾いて、戻ってきた2人組に話を聞くと、

ほかにも同じように釣れるフィールドがたくさんあるとのこと。

うーん、能登半島、いいなぁ。

温泉あり、能登丼あり、海に行けばイルカもいて

とってもいいところでした。

夏休みにいかがでしょう。

DSC_0374


セルフタイマーで撮影。

無人のカメラに微笑む僕を見て、トッパー2人はどう思ったんでしょうか……。


=================================



というような話を、東京に戻ってから副編集長にしたら、

「ふ〜ん。で、オチは?」

と言われました。

ありませんよ。

(ササキ)