行ってきます。

仕事です。が、英語、できません。

なのに、同船取材です。でも、楽しみ。



健太郎さんが、プラで●●●●、本戦1日目に●●●ーさん、

本戦2日目に●●●●ーに乗ります。

バンダム、リース、アイコネリは向こうのメディアが押さえました。



けれど、クラシックに余りもの的な選手なんていません。

「クライン(1日目)とスクロギンス(2日目)に乗りたい」

という僕の要望がスルリと通りました(なぜだ?)

ふたりとも、シャローマンで超一流のフリッパーです。

今大会が開催されるルイジアナデルタは広大なシャローウォーターですから

ここでの力関係はバンダムやリースより上(アイコネリは前回、2003年のルイジアナデルタ・クラシックで勝ってます)。

優勝候補の一角です。間違いなく。

なのに、なぜ日本からの一見さんがそんな超有望どころに同船できる?

答えは

「あ〜、冬のデルタ戦は過酷すぎて

アメリカのメディアが同船したがらないからだよ」

と、健太郎さん。空席だらけなんですね。

クラインもスクロギンスも、

最低気温0℃のなかを、時速100kmで片道2時間半の彼方へぶっ飛ぶ!

可能性があるらしいです、メキシコ湾をショートカットして。狂ってる……



ちなみに、僕の取材経験のなかでもっともロングランをかましたのは

赤羽修弥さんです。2003年オールスターでのことでした。

当時の僕は、まだ編集部員ではなく、一般公募のプレスでした。

で、バスボート初体験だったその試合で、

いきなり霞ヶ浦の土浦から、利根川の取手まで連れていかれました。

片道1時間半くらい掛かりました。

しかも試合モードの本気走りです。

編集部に入って8年……、あのときより痛い経験はまだしていません。

あのときと同じくらい恐い思いは、ハシタクさんにさせられましたが。


尾てい骨から背骨を伝って頭のてっぺんに突き抜ける激痛も、

「あ、オワタ……」といろいろ諦めてしまう光景を見るのも

ヤ!

です。



(ホリベ)

うわ〜……、楽しみだったはずなのに、書いててテンション下がってきた……