夜のバーボンストリートを歩いていて、

雨貝さんが「お、リックも飯食いに来てるよ」と言ったので、

そちらを見たのですが、人混みのなかで誰がリックなのかわかりません。

写真では見慣れていても、実際に目にすると白人の顔の区別は難しい? のかも……

「えと、どこにいるんですか、健太郎さん」

「ほら、そこでしゃべってる……」

「あ、リックだ。顔だけは……」

「釣りしてないときはただのオッサンだよ(笑)」

ガーン

イマジンブレーカー発動です。

WT-kvdclunn_576
photo by B.A.S.S.

この幻想はぶち壊されました。

勝利の美酒に酔いしれすぎたバンダムを見たときもそうでした。

けど、ファンです。ふたりとも。

酔ったバンダムに落書き気味にサインされたプレスカードは宝物です。

ホントは読者の皆さんのプレゼント用に

メディア用のガイドブックにサインをもらいに行ったんですけど……。



あ、でも2位(クラシック4回目)だったアーロン・マーテンスからは

プレゼント用にサインをもらいました。

試合終了直後だったので「2nd place」の文字入りで。

「僕がクラシック2位のサインを書くのはコレが最後だよ」

つまり、「次こそは勝つ」と言ってました。カッコえぇ。



ブログに書いたので、このままチョッパることはないでしょう。たぶん。

(ホリベ)