オールスター開催決定!

ということで、

2007〜2010年のオールスターでの
(すべて霞ヶ浦開催)

各選手の釣りを、

順不同で振り返ります。

たまに更新する予定です。

第1回はこの人、

三連覇男・赤羽修弥さんの2009年大会です。
(10月31日、11月1日)

DSC_0330


オールスター前週の

W.B.S.クラシックを制した赤羽さん。

秋から冬へと移行する霞ヶ浦で、

「桜川の沈み物・ネコリグ」

「本湖のシャローカバー・テキサスリグ」

「本湖の石積み、テトラ・シャッド」

という3つのパターンが噛み合っての勝利でした。

そして、さらに冬化が進んだオールスターでは、

「桜川の沈み物・ネコリグ」がメインの展開に。

フィネスワーム(ZBC)の1/16ozネコリグで

ほとんどのバスをキャッチしました。

水温低下により、

シャローカバーから、

深場の沈み物に落ちたバスをねらってのことです。

ひとつの沈み物に対し、

「9つのトレースコースを意識した」

という丁寧な攻めが結果につながりました。

ちなみに、5kg超えを果たした初日のキッカーは、

本湖・石田のブレイクで、

シャッド(SH-60SP)を引いて獲った1500g。

「シャッドとしては強め、クランクとしては弱め」

というアピール力が、晩秋の霞ヶ浦で効きました。

DSC_0338


初日  5360g

2日目 3340g

計   8700g  優勝!

DSC_0383




ちなみに、

「桜川の沈み物・ネコリグ」

「本湖のシャローカバー・テキサスリグ」

「本湖の石積み、テトラ・シャッド」

この3つの釣りは、

DVD「霞ヶ浦徹底攻略」に収録されています。

前週のW.B.S.クラシックで、

赤羽さんに2日間同船した

超貴重映像です。

(ササキ)