モノクロで編集部対決などというお目汚しな企画をやっているわけですが、

あの企画、助っ人で参加してもらう人はともかく、

負けた編集部員にとっては飯をおごらせられたり、

ルアーを奪われたりすることは

とくに大きな問題ではないのです。



負けたときのリスクが高い順に並べますと……

コバケン

ホリベ

ササキ

アブラカワ

基本、年功序列で負けはハイリスク。

職場で偉いほうが釣り場で負けるとバツが悪いわけです。

だって普段、原稿チェックで先輩は後輩の記事にチェックを入れてるわけですよ。

「オマエ、何もわかってねぇな〜」みたいな感じで。

そんな先輩が、釣れない=実践がともなわない、となると

後輩的には「口先野郎」と思うことができてしまう……



幸いにしてワタクシ(ホリベ)の場合、ペーペーの頃のササキを連れ出して

印旛沼で47cm釣ったり

牛久沼で50cm釣ったり

免許仮伝の取材で連戦連勝(たまに負け)だったり

ということが続いたので、釣り場で上下関係をひっくり返されずに済んだのですが、

最近はそのササキが釣り場での下剋上におびえる日々を送っています。



この不定期連載? では、

やたらササキに突っかかる口先w臨時アルバイト、アブラカワと

喧嘩を買っても何の得もないササキとの対決をお届けします。



明日はササキが、アブラカワと初めて飲みに行ったときの話を書くはずです。

ホリベ