昨日は「オカッパリで行こう!」の取材でした。

場所は霞ヶ浦。

どの釣り場にも当てはまることですが、

1、2月は最難関です。

関和学さん、釣りますな〜。



3月号(1月5日取材)のときもそうですが、

「デコったらデコったまんま記事にする」

「基本1日取材」のこの連載で、

冬の霞ヶ浦オカッパリで2日続けて釣果を出すって

凄い&羨ましいw

1、2月に釣れりゃ〜、1年中バスに触れるってことですもん。



で、次々号に掲載予定のないネタです。
x
前回のブログネタ、「トレブルフックの機能する1本」について、

この取材中はとんと忘れていたのですが……、

l
ねじれていますけど、どのハリに掛かっているかはわかると思います。

やっぱり「例の1本」に掛かっていました。

奥の1本は口の中に入っていただけで、ハリ掛かりはしていませんでした。



あのトレブルフックの話って、

ルアー&ハリメーカーやデザイナー(バスに限らない)にとっては

「常識レベル」の話らしいです。

理論的には、まぁ、納得できます。

が! 本音を言えば

「ほかの2本にもけっこうな確率で掛かってるんじゃないの?」、と。



そんなワケで、編集部員の言葉で記事にするには

サンプルというか、理論を裏付けるだけの数字が足りなかったんです。



でも……、ん?

関和さんが釣ったこのバスの写真を見ていて

「釣れたとき、口もとに寄った写真を撮るのはお約束」

だということを思い出しました。



で、バックナンバーや写真データを見てみましたところ、

かなり高い確率で「例の1本」に掛かっていることが判明。



過去記事やデータ(数百尾分の釣果)を見返せば、

「例のハリ:●%/その他のハリ●%(※●尾を確認)」

みたいな感じで記事にできたかもしれません。



というか、サンプル数がものを言う実証ネタだけに、

それってできる範囲ではかなりいい方法のような……、後悔……。



(ホリベ)