毎月26日発売の月刊誌を作っている関係上

毎月の発売日の前後に企画会議をしますから

編集部員やライターさんやカメラマンさんたちが取材に飛びまわるのは

月末から10日くらいにかけてが大半です。

3月の月末から4月中旬にかけて

全国的に連続して爆弾級の低気圧が襲来しました。

観測史上最速で桜が開花し

3月なのにすっかり春めいてきましたけれど

4月に入って帳尻を合わすかのように冬に逆戻り。

暴風&豪雨に見舞われたフィールドも多く

正直、今月号の取材現場は大混乱でした。

でも……ところが……

今月号には春らしいバスが

これでもか!!!!!

とばかりに登場しております。

ご出演していただいた皆さんに感謝するとともに

特集対象であるラバージグのストロングさと奥深さに圧倒されています。

春とはいえ

これだけのデカバスが誌面を飾る号は珍しいほど。

まだ詳細は明かせませんが

『ラバージグ道場』で講師役を務めてくれた

アノ方のブログで素晴らしい魚体を公開されているのでご覧ください。

なんかこう書くと編集作業も大詰めみたいですけど

山でいえばまだ三合目?

入稿&校正がんばります!

発売日が近づきましたら

また詳細をここで紹介いたします。

(アマノ)