「むか〜し昔、霞ヶ浦でワームを投げるとボトムに着かなかった」

ころのハナシではなく、

昨年のW.B.S.でAОYを獲得した草深幸範さんの

ヘビーキャロライナリグの取材に行ってきました。

先生は当然のようにデカいのを釣ります。
03
余裕の45cm超ですが、これが今日イチではありませんでした。
も〜っとデカいのが出てます。

02
「フィネスリグとしてのヘビキャロ」では
とにかくタックルセッティングが重要でした。
詳細は次号の誌面にて。

生徒のふたりも釣らせていただきました。
01
霞ヶ浦の沖で40cmとか45cmとか……、50cmオーバーとか!!
取材当日にポンポコ都合よく釣れるもんじゃありませんよ、フツー。
まして人に釣らせてあげるとか

草深先生、凄すぎです!

(ホリベ)