9月5〜7日にテーブルロックレイクで開催されたPAA第3戦で
深江真一さんが63名中7位に入賞! 1戦を残して年間ランキング1位を守りました!!

僅差で暫定2位に着けていたブランドン・パラニュークは18位でランキング3位へ後退。
代わってトミー・ブラウンが暫定2位に上がってきましたが、
深江さんと2位との差は、第2戦終了時点よりもジワリと広がりました。

今シーズンのPAAで深江さんは開幕戦のダグラスレイクで勝利し、
以降フォートラウダン・テリコレイクス(第2戦/8位)、そしてこのテーブルロック(第3戦/7位)を経て、一度もほかの選手にトップの座を譲っていません。

つまり、11月にグランドレイクで開催される最終戦でAОYを決めれば
同時にポール・トゥ・ウィンを達成することになります。

深江さんのUSAツアー挑戦は、2004年にFLW参戦初年度でAОYを獲得して始まりました。
そしてこの2013年は、ツアーを回って10年目。大きな節目の年です。

そんな年に、アメリカでふたつ目のAОY獲得という快挙への期待が高まります。

残り1戦もフカシンガッツ!

(ホリベ)