タイトルは「ベイトリールのハンドルは左巻きですか? 右巻きですか?」という意味ですので、「左(ひだり)派」「右(みぎ)派」と読んでくださいね。

余談ですが、誌面には使うのを控えるべき言葉(放送禁止用語みたいなもんです)がありまして、他誌ではどうかわかりませんが、たとえば「聖地」や「メッカ」という言葉は幣誌ではNGです。

「池原ダムはデカバスのメッカだ」とか「琵琶湖はデカバスの聖地だ」というのはむしろ耳に馴染んだ表現かもしれませんが、どちらも宗教的意味を含む非常にデリケートな言葉ですし、本来の意味を考えるとそれを用いた文章全体が意味不明になってしまいます。




さて、本題(本題のほうがどうでもいい内容のような気もしますけど……)。
現在、僕(ヤマガタ・右利き)は、左右、両方のハンドルのベイトリールがないと釣りになりません。

20年くらいバス釣りをしていて、左を使うようになったのはここ5、6年のこと。
バス釣りを始めたばかりのころは、ほとんど右しか選択肢がなかったように記憶しています。
なので、途中から左に慣れるまではけっこう時間がかかりました。



a
僕はダイワとアブがメイン。編集長はシマノとアブ、ササキはシマノとダイワ、クチイシはアブとシマノを使ってます。バラバラ。

b
c
10年選手のTDZ-103H。外見はボロ(置きキズや手に接する箇所の塗装ハゲ)ですが、機能面は問題ナシ。ベアリングだけは何度か交換しました。


いったん慣れてしまうと、やっぱり左はリグを操作したり、手数を稼いだりするのに便利。
けど、引き抵抗が強いルアーを安定して巻けるのは右なので、こちらも手放せません。

ところで
僕のように右利きで左右両方を使っているアングラーと、
右のみというアングラーと、
左だけというアングラーがいますが、

どのタイプに該当するかで、おおよそのバス釣り歴と年齢がわかるような気がするんですけど……。
(ヤマガタ)