Basser Official Blog

Basser編集部によるオフィシャルブログです。
取材時の裏話や雑誌のこぼれネタなどなど、
誌面には紹介できない話題を中心に更新していきますのでお楽しみに!

津留崎健

『月刊濁水』会議。

津留崎健カメラマン、竹本晴彦アートディレクター、金澤一嘉さん(フリーランス。ライターだったりカメラマンだったり編集者だったり。この場ではライター)。

次号の「Monthry Muddy Water」チームです。
今月号の『67(秦拓馬さん)』や200号の『ライブラリー』も同じチーム。
199の『終わりなき夢への疾駆(反町隆史さん)』は、ツルケンさん、竹本さん、コバケン先輩(文)。198の『雨景・北浦の1325投(川村光大郎さん)』は、ツルケンさん、石川達也さん(北海道在住のデザイナー)、僕(文)が担当。

編集部員は、記事の企画やディレクションや校正だけをしてるわけではなく、
ときにカメラマンだったり、ライターだったりもします。
そんな僕らにとっては、津留崎さんも竹本さんも金澤さんも、
頼もしいカメラマンでありデザイナーでありライターであると同時に、
学ぶことの無限にある先輩であり、目標でもあります。

そんな3人が頭を突き合わせて何をやってるかというと、
「どの写真をどういうふうに使うか」を相談してるんです。
毎度、素材(写真)がよすぎるので、これがなかなか決まりません
8〜10ページの写真構成がほとんど1日仕事になります(毎度、候補が100点くらいあって、使うのはそのうち10点前後。絞るのがMOTTAINAI!)。

muddy
3人とも各分野のセンスの塊です。
『月刊濁水』の要、ツルケンさんの凄いところは、大ベテランなのに若いこと。新しいアングルや表現方法に常に飢えてます。趣味はタイ釣り。しばらくやってないけど、もちろんバス釣りも好き。
竹本さん。『Basser』全体のイメージを作ってくれている人です。写真と文章を渡して、レイアウトがあがってくるのがいつも楽しみです。「こうきましたか!」という驚きがあります。バス釣り経験あり。フライフィッシングの経験もあり。
金さん。ライターとしてのセンスはその好奇心から生まれるのでしょう。いろんなことに目を向けている人です。バス釣りとイカ釣り(イカ食)ほか、多趣味です。雨貝健太郎さんとの「KKコンビ」は……、スゴイ(いろんな意味で)。

(ヤマガタ)

働いています!パート2



先ほど書きましたが、編集部に土日はありません。

それは誌面に携わるスタッフも一緒。


今日、津留崎健カメラマンとライターの金さんが編集部にきています。

次号のページの打ち合わせです。

ポジフィルムを見ながら「懐かしい!」とか「おぉぉ〜〜〜」とか

盛り上がっています。


なにやら楽しい記事になりそうな予感……


お楽しみに!


津留崎カメラマンと金さん


(コバケン)

笑顔!



個人的にひさびさの更新です。

別にサボっていたわけじゃありません。

ゴールデンウィークに絡んで取材が立て込んでいたもので……。

ちなみに、明日も取材で、週が明けて7、8、9日も取材……。

ま、ゴールデンウィークは休めないのは今年に限ったことじゃないので、

別にいいんですけど。


さて、先日、津留崎健カメラマンと取材に利根川水系へ行ってまいりました。

取材相手は……ごめんなさい、諸事情でここでは明かせませんが、

Basserひさびさの登場となる方です。

当日は前日から水温が5℃以上も下がるというあいにくのコンディション。

水も激ニゴリでサイヤクの状況。

それでもなんとか1尾キャッチできました!

かなりカッコイイ写真が撮れたと津留崎カメラマンも大満足!


笑顔

ご機嫌でおにぎりを頬張る津留崎カメラマン .。゚+.(・∀・)゚+.゚

それでは次号をお楽しみに!

(コバケン)



最新号
logo
Basser編集部 Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ